2008年9月9日(火) お日の森
除伐草刈り枯損木処理


戻る

年に幾度もないようなすっきりと晴れ渡った青空のもと、20名で行いました。8月末豪雨以来、初めての活動でした。豪雨による被害は、尾根筋はほとんどなく、主に沢筋に集中しており、土砂崩れ、道の崩落、根こそぎの倒木などの被害状況です。作業は、前回からの続きで、尾根筋のエリアA3とA6の除伐と入口法面の草刈です。モミ、アオキ、ヒサカキなどの除伐をし、株立ちの木を伐倒し、古損木を処理し、棚作りをして、残材置き場も造りました。林床には、ここち良い光が差し込むようになりました。南斜面の草刈作業班は、強い陽ざしのもとでの除草と古損木の処理は、本当に大変でした。林床には、きのこがたくさん出ていました。


開会式 気持ちの良い朝でした

林床に入り込んだ常緑樹の除伐が続く

山の入口の草刈り 暑くてしんどい

除伐した木を整理する棚を作りました

タマゴタケを収穫 美味しいキノコです

毎度の集合写真です