2008年4月15日(火) お日の森
植生調査を始めました


戻る

先週は嵐のため定例活動が中止になったため臨時活動日として、現況調査のための植生調査の進め方ついて、森林塾の松井さんの指導を受けながら研修を11人で行ないました。調査の方法は1)エリア毎に林分構造を調べる 2)基準以上の大きさの木本にナンバリングする毎木調査(樹高、胸高直径、樹種の同定)3)エリア内を歩き回って、全ての木本、草本を記録するフロラ調査、の3つを同じに進めるというものです。説明を聞いた時は大変そうでしたが、いざやってみると、シンプルで誰でも楽しみながら、アバウト的要素もありで、ボランティアのみなさんで楽しみながら継続して出来る方法だと実感しました。本日は薮の中を歩き回って、午前1時間で一つのエリアを調査出来ました。午後からはまだ未踏の地を歩いて、大まかな現状把握をしました。今後無理なくこつこつと進めていきたいと思います。



林内で毎木調査

こんな薮の中を調査しました

エリア分けして杭打ち

ガンタッカーでナンバリング


昨年除伐した林床が豊かに。ヤマルリソウ


アサキマダラの幼虫発見