針金でとめ、補修も大詰め

道づくり、カケヤで杭を打ち込む

小屋も完成、補助金で調達した道具

小屋の前でご苦労さん、雨で早仕舞い

2007年7月10日(火) お日の森
小屋に道具がそろう・橋の補修つづく


 今にも降り出しそうな梅雨空のもと、14名の参加(他に地元の方が小屋作りに1名参加)で、行いました。まず、小屋の内装も整い、助成により立派な道具も揃って、中で着替えもできるように工夫され、皆、大歓声です。体操の後、作業は4班に分かれ、小屋の補修、橋の補修、直登道の道作り、草刈を実施しました。橋は縦に材を通し針金で強く固定。チェンソーで、材を平らにし、あと、不足した材の調達のため、1本伐倒しました。次回、完成予定です。直登道は、尾根まで上がり、迂回路へと続いています。草刈は、背丈まで伸びた草との格闘でした。雨足が強くなったので、12時半に、終了しました。雨のなか雨と汗でぬれましたが、皆さん本当にお疲れ様でした。


戻る