2007年6月12日(火) お日の森
伐倒した木で橋の補修、小屋がようやく形に


戻る



橋の補修用にスギとヒノキを伐倒

クサビで二つに割りました

腐っていた橋を補強、完成までもう一歩

苦闘二ヵ月半、ようやく道具小屋が形に

暑い中、12名が参加して、沢にかかる橋の補修と道具小屋の建設を実施しました。橋の修復のため、お日の森入り口近くのヒノキ、スギを数本を伐倒し枝払いをしたり、クサビで縦割りし橋まで運搬しまた。道具小屋はどうなることかと不安だらけでしたが、午後には屋根も乗り、完成が見えてきました。今年3月山林組合の方からプレハブが要らなくなる方がいる、急いで解体・運搬したいとのご連絡があり、急遽5名で解体作業と人力による運搬を行なってから二ヶ月半、良くぞここまで出来たと思います。助成金で購入した道具が地元商店に到着しており、この道具小屋に納まる日も近いです。