大自然塾・鳩ノ巣の山
2018年4月15日(日) 緑色のハーモニー 

 荒れた天気が予報されていたのですが、朝から青空も時々見られ、途中パラパラと雨に降られましたが全体的には作業し易い天気となりました。早朝までの雨に洗われ、新緑がとても美しい。一口に緑と言っても何種類の緑があることか!!
 
ワサビ田の整備を行いました。動力ポンプを使い、田にパイプを差し込んで水を流し、泥を洗い流します。本来ならば今年は2年に1度の土入れが必要なのですが、昨夏の大雨で土砂が流入していてこの作業は不要でした。この田に来月苗を植え付けます。作業道の橋の整備のため、ヒノキ間伐を行い、木材の運搬も行いました。谷を越える材の移動にはワイヤーを使った架線集材が有効です。安全に楽に移動ができます。奥多摩の斜面は急なので、この技術が特に役に立ちます。この日の作業ではありませんが、簡易トイレを作りました。フィールドの何箇所かに既にあったのですが、初心者がよく作業する場所から近いトイレがなかったので、これで安心です。先月伐った広葉樹の切り株にシイタケ菌植え付けました。どのくらいシイタケが発生するかお楽しみに。砂防工事は進んでいます。立ち木を伐った急な斜面の上方に重機が見えました。



新緑のフィールド

ウラシマソウ

ワサビ田洗い

架線集材

新設トイレ

砂防堰堤工事中

戻る