大自然塾・鳩ノ巣の山
2017年12月10日(日) 作業道整備、センサーカメラ故障 

 快晴の下、小滝エリア付近で横木を据え置いたまま長期間作業中断していた作業道の路面仕上げを行いました。はじめに大量の落ち葉を取り除き、上部法面の土を運んできて盛土しながらならしていくという路面整備を行いました。作業の途中で上方作業道に埋もれ僅かに頭を出していた大きな石(40×40×30cm)を発見したため、取り除くという想定外の追加作業もありましたが、最後は無事に歩きやすい道に仕上げました。
 昼食後は、センサーカメラデータの回収をしましたが、回収時にセンサーの不具合が見つかり、結局持ち帰ることになりました。途中中断を含め約8年間続けてきた鳩ノ巣フィールドのセンサーカメラによるデータの収集は当分の間お休みとなります。最後に回収したデータに残されていた写真は「樹木・草花・動物」に載せておきます。 



作業道の路面整地

テッポウムシ被害でもろくなり風で倒れたコナラ

戻る