大自然塾・鳩ノ巣の山
2017年6月18日(日) 下刈りシーズン始まる 

6月の活動は、夏作業である下草刈りが始まりました。シーズンインは、大鎌のレクチャーから。全員で、基本的な使い方を確認してからの入山です。植栽から3年を迎えた苗木はまだ小さく、草の勢いにすぐ埋もれてしまいます。青ポールを目印に、植栽木を探しながら慎重に草を刈ります。中には初夏の花も混じり、作業場の合間に目を賑わせます。先月予定されながら、到着の遅れたワサビの苗も届き、田んぼへの植え付けも行われました。梅雨に入り雨が心配されましたが、曇り空に陽射しが遮られ、比較的楽に作業できた一日でした。  



大鎌の使い方レクチャー

草に覆われる植栽地

下刈り作業

初夏の草花も

下刈り完了

刃研ぎも念入りに

戻る