大自然塾・鳩ノ巣の山
2017年1月15日(日) 仕事始めの山の神神事 

 今年初めての作業では、一年の安全を祈念し山ノ神神事を行います。竹で作った神酒錫(ミキスズ)お神酒を入れ、水・米・塩と共に、折り紙で作った鳥総(トブサ)を供えてお祀りします。その後、各班に分かれての作業となりました。凍てつく寒さに凍えながら、枝打ち・道づくりと徐間伐を行いました。間伐するのは、植栽した広葉樹。10数年の月日を経て、間引きの時期を迎えました。伐採された幹は、キノコのホダ木として活用されます。今年も、春のコマ打ちによる植菌に向けて、取り組みが始まりました。



山の神へのお供え

一同揃って安全祈願

道づくり・横木の調整

完成した作業道

戻る