季節の会主催
秋色に染まる・奥多摩むかし道ハイキング
2020年11月19日(木)

 本番当日は風も無く気温も上がり絶好のハイキング日和。
 9:00に奥多摩駅に集合、増便依頼したバスに乗って桃ヶ沢停留所へ。
 5斑体制で各々出発、トンネルをくぐると素晴らしい紅葉がお出迎え、少し歩くとアワコガネギクやリュウノウギク、その自然交配種のシロバナアブラギクが咲いていました。
 3人以下で渡るという道所つり橋を有志の人たちが渡り、虫歯地蔵や牛頭観音、縁結び地蔵尊などの遺構が数多く残されて昔をしのばせます。
 しだくら吊橋を過ぎ、曲がりくねった先にいろは楓の巨樹が見えてきました。真っ赤に染まったイロハカエデの見事さに圧倒されました。
 耳神様、弁慶の腕抜き岩、白髭神社を通り、境の清泉で昼食です。そのそばには湧き水が流れており、とても冷たくおいしかったです。
 午後は不動の上滝を眺め、民家の脇にキチジョウソウの花が咲いていました。
 300年以上たっている槐木の巨樹の前で休憩、「旧水根貨物線」の遺構が残っているところを通り、急な羽黒坂を下り、15:30奥氷川神社で解散となました。
 天気も良く、山と渓谷の紅葉の対比も素晴らしく、歩きやすいコースで楽しかったという声が聞かれました。

 参加者: 44名
 スタッフ: 西野哲朗、吉田久美子、藤本誠一、丸山正、村上智裕




奥多摩駅前に集合


観察会風景


道所吊り橋


紅葉のビューポイントにて


水根貨物廃線跡

イロハモミジの美しい紅葉



戻る