聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
パウロの森☆探検ハイキング
2020年11月15日(日)
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 晩秋の1日、天候にも恵まれた中、パウロの森で「パウロの森☆体験ハイキング」を行いました。パウロの森近くにある神社で開会式。その後、探検ハイキングのスタート地点に向かいました。ハイキングでは五感+αをフルに使い、課題を見つけていくというものです。
 ヘルメットをかぶり、いざ探検ハイキングへ出発。森の中に入る途中には、イチジク、ハヤトウリ、アマチャズルなど見たことのないものばかり。これ食べられるのとすぐに質問あり。道しるべを頼りに進んでいくので、道しるべを見逃さないように慎重に進んでいきます。途中のコースにある「指示」は6つでしたが、各班ともすべての指示をクリアーしました。ゴールはパウロの森です。ゴール休憩後、パウロの森の中を散策しました。陽の光を浴びながら、枯れ葉が風で、ぱらぱらと落ちてくる光景、カサッと着地する微かな音に耳を澄ます。この時期ならのものです。参加者のかたも感動していました。
 午後は火熾し体験です。班長さんから火熾しをするときの注意を聞き、薪を組んで火熾し。どの班をうちわなど全く使わず、火を熾すことができました。たき火を使って、お楽しみの焼きフルーツ、焼きマシュマロの時間です。果物を焼くと甘みと香りがまし、さらにおいしくなることを実感していただけたようです。まるごとパイナップルや栗等もあって、焼いたらどんな風になるのかとワクワクでした。栗の爆ぜる音も新鮮な驚きでした。
 閉会式では、参加者からの貴重な感想をいただきました。最後に友情の輪をつくり、すべてのプログラムを終わり解散。「楽しかった~!またね~!」と、可愛い掌をいつまでも振ってくれました。
 参加者の方を帰りのバス停まで見送り、ヒヤリハットもなく無事にイベントを終えることができました。

 参加者: 5家族15名(大人7人、こども8人) 当日キャンセル4名
 スタッフ: 廣川(幹事)、稲葉、林、槙田、星野、上林、内藤(報告)

  パウロの森くらぶホームページ




開会式

やった~、ゴール発見!


カブトムシの幼虫どこかな・・?

火おこし


マシュマロ焼き

焼きミカン完成

戻る