田園調布学園土曜プログラム
草木染の毛糸でミサンガ作り
2020年11月7日

 このプログラムは、最初の申込み者数が100名を超えてしまったため、急遽講師を1名増やし、定員を15名から20名に増員し実施しました。
 オリエンテーションでは、ミサンガや草木染の説明を簡略に終え、とにかく時間内にミサンガを完成させるべく、4班に分かれて実技を始めました。
 幹事の用意した21色の草木染の毛糸から好きな色を3色選び、「斜め編み」から開始です。編み初めが肝心なので、個人個人について教えます。 「わからなくなったらすぐ聞いてください」 と声をかけ見守りますが、恥ずかしいのか聞かずにどんどん自己流で進めてしまい、あとでほどいてやり直すことがままありました。休憩時間もずっと編み続け、みな集中して私語もほとんどありませんでした。
 「斜め編み」が完成した人から、「平結び」に移りました。こちらは、コツがわかるとあっと言う間に編んでしまい、2本作った子もいました。
 報告者は初めての指導で、「斜め編み」が時間内に完成した子は班に2人だけでした。1班5人でも目が届かず、編み直しが多かったからかと反省しました。
 初めて作ったのに見事な「斜め編み」のミサンガを完成させた子も多く、満足してくれたかなと思います。

 参加者: 20名(中1~中3生)
 スタッフ: 福田正男(主幹事)、内藤公雄、小川里花、小勝眞佐枝(報告)




斜め編みと平結びのミサンガ


一心不乱に編んでいます


毛糸の色見本と植物名


好きな色の毛糸を選ぶ


平結びはすぐにできました

そろそろラストスパートです



戻る