聖パウロ学園・パウロの森くらぶ

パウロの森くらぶ公募イベント「デイキャンプ」の実施報告
2020年10月4日(日)
場所: 聖パウロ学園学校林(パウロの森)

 高尾駅に集合し、バスに乗り大久保で下車。バスを降りると途中ツリフネソウやツルボ、クリの実などを観察した。今回の参加者はキャンセルや遅刻もなく、総勢52名が北高尾の森に集合した。

 そして、「デイキャンプ」の主旨でもある森の中での衣・食・住の楽しさを体感してもらった。

①火起こしから火に触れそれを利用することに楽しさや喜びを感じていた。

②本キャンプで覚えたことでは、ロープの使い方が最も多く、不思議なことに金槌を使ったことも入っていた。

③そして、自分たちが起こした火で作ったご飯、焼き芋、火遊び的に焼いたマシュマロに、新鮮さを感じていた。

④自分たちで造ったテント内で、自分たちで作った食事を食べたのも印象に残ったようだ。

⑤子供たちは森の中で、いろいろな植物や生き物を見つけていた。

このように、自然の中で過ごす新しい体験や発見がとても新鮮で面白く、いい印象につながったようです。イベントの実施にあたっては、3蜜を避ける、マスク着用、手洗い励行、道具の共用禁止など適切なコロナウイルス感染症対策を講じた。また、活動における行動様式は、家族単位での行動を基本とし、ソーシャルディスタンス確保に努めた。


スタッフ 10名(家、小野梨香、林、清水、福重、前田、飯塚、野間、森田、池田)
参加者数 (42名)
報告者名 池田正博


  パウロの森くらぶホームページ




【火起こし】 上手く点火しました


【マシュマロ焼き】 楽しそうに火を囲む


【オリジナルテント造り】 ロープの使い方を覚えみんなでテント張り


【飯盒炊き 】 飯盒炊きのおにぎりは好評

【昼食】 自分たちで造ったテントの下での昼食は格別


【森の中の探検】 生き物探しで何を見ているのかな


戻る