聖パウロ学園・パウロの森くらぶ

恩方第一第二小学校3/4年生出前授業
2020年9月29日(火)
場所: 聖パウロ学園学校林(パウロの森)

 この授業は恩方第一第二小学校との児童の交流も意図した森の中での授業だ。予定時刻にそれぞれの学校から徒歩と貸切バスでパウロ学園聖堂前に到着した。今年はコロナ感染防止のため全員マスク着用。でも元気な児童の声は変わらない。一通り開会式が終わってからパウロの森の探検に入った。1年生2年生時にもこの森に出前授業に来て講師から色々と森について教わっていた。しかし3年生になったら違う。パウロの森の探検隊員として自ら新たな視線で生物や植物を探して調べまとめあげる総合授業だ。

 ヘルメットを着用して森への林道に入った。ちょうど雨上がりでいろいろなキノコがたくさん生えている。傘には赤の彩鮮やかなもの、白色、灰色など多彩ですぐに児童の目に入る。”このキノコの名前は”、”これは食べられる?”と隊長(講師)に聞いたが良く見かけるタマゴダケ以外はなかなか分からない。これは帰ってから図鑑等で改めて調べることにした。キノコは地面だけでなく立木や枯れて倒れている木また草刈りをして集め積んであるところにもたくさん生えていた。なぜ立木に生えるのか、またキノコの森の中での大切な役割を説明した。
 林道にはたくさんドングリが落ちていた。よく見ると実の皮に小さな穴が開いている。シギゾウムシが鋭い長いクチバシで穴を開けて卵を生みつけた跡だ。ドングリを開いて中の虫を観察した。このどんぐりを持って帰るとそのうちに虫が出てくるよ。2週間ほど前には小枝に葉っぱをつけたドングリが落ちているのを見かけたが今回はもうなくなっていた。クロモジやサンショウなど匂いのする木も見つけた。良い香り、臭い臭い、ミカンのような美味しい匂い。好きな匂いもあれば嫌な臭いもある。同じ木の匂いでも感じ方は人それぞれだ。植物はなぜ匂いを発散させるのだろう。これを考えると奥が深い。帰ってから先生に聞いたり、図書室の図鑑で調べてみよう。表面がビロードのような手触り良い葉にも触ってみた。
 枝から赤い実を糸で吊るしたようなツリバナがちょうど5裂して赤い実を出していた。ガマズミがちいさい実をたくさん付けていた。赤く大きくなって食べらるまではまだ先だ。動物は見れなかったが居る痕跡は観察できた。かじった痕があるドングリが落ちていた。これは明らかにムササビが食い散らかした痕だ。イノシシの掘り返しの跡もあった。
 
 短い探検時間だったが探検シートにはたくさん調べたことを書き込んだ。森に入ると児童は好奇心の塊になる。隊長(講師)への質問がたくさんあった。学校に帰ったら自分でも図鑑で調べてみたらどうだろう。振り返りで”大変楽しかった”とのたくさんの声が聞かれた。閉会式を終え、恩方第二の児童が両側に並んだその間を、第一の児童が”さようなら”の声に見送られながら今日の出前授業は無事に終了した。


【主催者】恩方第一及第二小学校、共催:パウロの森くらぶ
【参加者】小学生57名、先生と校長先生8名、保護者1名、スタッフ13名 合計79名
【スタッフ】家(幹事)、稲葉、上林、瀧浪、清水、水木、飯塚、池田、熊木、原田、長岡、前田、野間(以上13名、順不同)
【報告者】家 幸夫


  パウロの森くらぶホームページ




1年生の時植えたさくらを見る


観察して記録


切り株に生えたキノコを観察


最後の登り階段


隊長の話を聞く


出前授業終わって帰る


戻る