聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
2020年9月第一火曜定例活動報告
2020年9月1日(火)
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 8月いっぱい猛暑が続いたが、9月に入り気温が下がり、湿度は高かったが比較的過ごしやすい天候であった。

作業開始前の全体ミーティング: 作業内容と担当の確認、体操、安全注意喚起等。
連絡事項: ①チェーンソウ使用時には、必ず防護ズボンをセットすること。②ピンクのテープが着いている樹木は、切らないように注意すること。③今月、来月とイベントが多く実施されるが、幹事は講師、スタッフとの連絡事項を再確認して欲しい。

<午前・午後の作業>  
・藍の収穫: 二番の葉を摘んだ。乾燥前の藍を束ねる作業を行った。
・観察路の整備: 30mを完了。
・第二広場の間伐: 前回(8月4日)伐倒したハリエンジュとコナラ材を玉切りして保管場所へ運搬した。
・雑木林南東部の間伐: スギ1本を伐倒。直径20cm、樹齢30年、高さ20m。伐倒時上部がコナラに引っかかったが、スギの切り口をチェーンソウを使用して地面に落とし、補助ロープを引いて倒した上、処理した。
・竹材の保管場所整備と流しの補修構想・準備: 保管場所は増築する。流しはシンクを増設、周辺も整備を予定。
・コロナ禍の調理研究: 災害用の米を炊飯袋を使用して茹で、試食した。
・植生調査: ジグザグ道でギンリョウソウモドキ、林道・見晴台付近でミツデカエデ、レモンエゴマ、谷筋でミゾホオズキ、第二広場でツルニンジン(ジイソブ)を見つけた。また、タヌキのため糞から出たイチョウの実生、ミツデカエデの実生に赤布のついた竹杭でマーキングした。

 作業後ミーティングで作業内容、ヒヤリハットの確認等をして15時に散会した。

 参加者: 19名
 報告: 藤岡 眞

  パウロの森くらぶホームページ




藍を束ねる作業: この後日影干し工程に入る


観察路整備]: 2m幅3m間隔での杭打ち。きつい作業だ


ニセアカシアの玉切り: この後機会を見て薪にする予定。材が堅く大変な作業が続く


竹材置き場等の横増築の設計: 基礎ブロックに柱を立て、波板を張る予定


ミゾホオズキ:鮮やかな黄色い花が印象的

ツルニンジン:今年も咲きました

戻る