聖パウロ学園・パウロの森くらぶ

2020年8月第一火曜日の定例活動報告
2020年8月4日(火)
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校林)

〔第1火曜日担当からの注意〕
 熱中症に注意して30分に1回程度、適宜水分と休憩をとること。

〔観察路の整備〕
 第二広場奥の観察路(約30m)の両脇に幅2m、長さ3m間隔で1mの杭を20本打設した。

〔第二広場での伐倒〕
 第二広場の林床の日照確保のため広場左手のニセアカシア(直径55㎝、高さ30m)を伐倒した。久々の大木の伐倒で地響きがした。伐倒後、太い部分は40㎝、その他は2m程度に玉切りした。

〔広場の危険木処理と雑木林南東部の間伐〕
 第二広場入口右手の枯れているクマシデ(直径10㎝、高さ10m)を伐倒した。玉切り後薪として薪置場に運んだ。第二広場奥の雑木林南東部の杉(直径30㎝、高さ25m) を日照確保のため伐倒した。伐倒後、枝払いを行い2mに玉切りした。

〔小屋周辺の整備や確認〕
 ヘルメットを出し、ブルーシートを敷いて干した。更衣室の清掃をした。

〔作業後の会長からの指示〕
 チェーンソーの安全の規則が変わり、チェーンソー使用時の保護具(ズボン)の着用は義務となった。引き続き、チェーンソーの使用者は必ず保護具(ズボン)の着用することの徹底を図った。

〔ブルーベリー摘み〕
 午後、学園下の山田さんのブルーベリー畑で希望者がブルーベリー摘みを行った。


【参加人数】18名
【報告者】30年 野間直紀


  パウロの森くらぶホームページ




長さは30mもあった。この伐倒により第2広場の日照確保が
一層進むこととなった


初め40㎝長で玉切りしたが、材が堅く大変苦労した



短い方で径50㎝ もある大物だ


杭打ちはなかなかの重労働 。30mの整備は大変でした

 
太さ30㎝、高さ35mの杉。密集した林の中での作業は、技術の向上につながる


戻る