聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
3月第三土曜日の定例活動
2020年3月21日

 早春の穏やかな陽気の中、椎茸、ナメコの駒打ち、榾場(ほだば)の整備を行いました。
 この日の作業には原木運搬とドリルでの穴あけ作業があるため、ミーティングでドリルと重量物取扱いの注意点を確認した。
 まず、全員で先月準備したコナラとヤマザクラの原木を全員で広場まで運搬し、その後椎茸・ナメコの駒打ち班と.榾場の整備班に別れて作業を開始した。90センチ長さの原木には、直径cm×3倍を目安に駒打ちを行なう。直径に応じて2~6列、縦方向に10センチ間隔でチョークで印を付け、ドリルで穴を開け、棒駒菌を打ち込んでいった。駒打ちは棒駒が出過ぎず、打ち込み過ぎないように、樹皮と同じ高さになるように慎重に、手早く作業した。
 榾場の整備は、古い榾木を片付け、新たに榾場を広げた。午後は、午前の続きの駒打ちと次年度の活動に向けての森の調査を行った。榾木は井桁積みにして仮伏せし、作業を終了した。
 スミレが咲き始めたポカポカ陽気の中、この日の作業は、さながら一家総出の春の年中行事の用でした。この春に駒打ちした椎茸・ナメコの収穫は2夏が経過した来年の秋、時間はかかりますが、菌の.成長が楽しみです。

 参加者: 18名
 報告: 得能寿子

  パウロの森くらぶホームページ




榾場の整備


原木にドリルで穴あけ


駒打ち作業


井桁に積み上げた榾木

 
シュンランがいっぱい

戻る