森の自然倶楽部主催
水元公園で野鳥観察入門~冬の水鳥と森の野鳥たち~
2020年2月9日(日)
水元公園

 暖冬といわれる日が続いていましたが、一転して寒い日となりました。金町駅に集合、近くの団地前広場で開会式を行い、3班に別れて出発しました。住宅街を歩き、江戸川の土手に上がると冷たい風が吹き付けます。強風にもかかわらず、タヒバリが飛び、カワラヒワの群れやツグミ、モズがいました。

 桜堤通りから、水元公園に入ります。この公園は、江戸時代に近隣50町村の用水確保や水害防止のために設けられた遊水地(小合溜(こあいため))を中心に広場や草原、葦原、森が広がります。人々の水源となっていたため、水元と呼ばれるようになったそうです。

 ごんぱち池では、アオサギ、コサギ、ダイサギ、オオバン、ハシビロガモや、カワウが羽を広げ乾かしている様子などを観察しました。アオサギが飛び立つとその飛翔の姿に「大きくて飛び方も素敵ね~。」との歓声が上がります。園内のニホンズイセンの花と香りを楽しみながら、水辺の生き物館で小休憩の後、小合溜に向かいます。

 その途中のせせらぎの対岸の木の枝に、カワセミが瑠璃色の羽を輝かせて止まっていました。陽の当たり方が最適で、まさに翡翠(ひすい)の輝き、参加者からも「まるで、宝石ね~。」の声が。その美しさに見とれていると、いきなり急降下して小魚を捕らえました。

 小合溜南岸広場の風当たりのなるべく少ないところで昼食としました。昼食後は、小合溜の水鳥を観察。小合溜は風で波立ち、まるで海のようです。水鳥たちも波の高いところを避け、ぷかぷかと浮いていました。ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カルガモなどがいました。カイツブリやカンムリカイツブリは、浮いたり潜ったりで観察するのも一苦労。ヒドリガモの群れが陸に上がり、間近で餌を啄んでいる姿に参加者は大喜びでした。

 水元大橋を渡り、樹木が多い地区に入ります。ロウバイの黄色い花が香っています。葦原では、シジュウカラの群れが葦の中と地面を行ったり来たりしてよく観察できました。近くのハンノキには、シメもやってきました。アカハラも地面をつついている様子を観察しました。

メタセコイヤの森を抜け、バードウォチングの森へ入ります。キクイタダキを見つけましたが、木の枝の茂みをチョンチョンと飛び回りじっとしてくれません。ただ、長い間いてくれたので、見やすいところに出た姿を観察することができました。参加者も「初めて見た、可愛い~。」と大喜びです。

 ポプラ並木付近の小合溜でバンを観察し、その後カワセミの里ふれあいルームへ行き小休憩後、振りかえりと鳥合わせをしました。観察した鳥の数は、46種でした。寒い一日でしたが、参加者は、鳥を観察するうちに夢中になってテンションが上がり、寒さを吹っ飛ばしたようでした。参加者は、「いろいろな鳥を観察することができて楽しかった。」と、満足の笑顔でした。

参加者: 26名 
スタッフ:中澤、山本(明)、小野、安久、吉原(秀)[報告]




これから出発


江戸川で鳥を探す


ごんぱち池で水鳥を観察.


カワセミ

 
蓮池で水鳥を観察
 
ヒドリガモ


戻る