聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
2020年11月第一火曜日の定例活動報告
2020年11月3日(火)
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 秋のパウロの森は、イベントが目白押しで最も活況を呈する時期である。イベントの度に必要な準備と後片付け、それに付随して発生する間伐や道づくりなど、複合的な作業を平行して行う必要がある。人数がたくさん集う定例活動の日は、多岐にわたる作業を一気に進める貴重な機会であり、当日は20人が集い各班に分かれ計画された作業を進めた。安全注意として、雨上がりで足元や手元が滑りやすいので、鋸や鉈等の刃物を扱いには充分に注意すること、コロナウイルス対策として、作業の節目で時間をかけて石鹸を使って20秒ほど手洗いをすることが共有された。

(1)枯損木の撤去(ジグザグ道、雑木林上部)、PNP伐倒木処理
 午前中は、ジグザグ道の脇に生えている枯損木をチェーンソーで伐倒、枝払い、玉切りにした。材は斜面による滑落を防ぐため立ち木に寄せて集材した。
 次にPNPで伐倒した杉が、他の広葉樹にかかり木のままになっていたので、チルホールを使用して伐倒木の根元と反対側の斜面方向にある立木をアンカーにして、引いて落とすことにした。チルホールのレバーを引いている最中に伐倒木の末がモミジにかかってしまい、ほぼ水平のまま空中に浮いたようになった。チルホールからわずか30センチほどまでワイヤーロープを引き込んだところで、ようやく地面に伐倒木が落下して事なきを得た。伐倒木は、玉切りにして集材した。
 午後は、さらに人数をかけパウロの森の奥へと進みながらPNPで使用した伐倒木の処理を順次行った。玉切りにした後、平らなところに二本の丸太を平行に置き枕にして集材する場所を確保して、玉切りにした材を置く作業を繰り返した。時間は余すことなく使い、終盤は探検ハイキングで使用する見晴らしの丘から東屋までの道沿いにある枯損木を6本伐倒した。

(2)駐車場周りの伐採と路面整備
 ・駐車場周りの低木を伐採し路面を整地した。
 ・雨水の流れが道路に流れないように、PNPの伐倒木を玉切りと皮むきをした丸太を三ヶ所、森の広場に土嚢代わりに敷設し、水の流れを厩舎側に流れるようにした。

(3)流し横の台設置、トイレ葦簀補修
 流しの横に作業で使用した道具を洗う際に必要な台を設置した。また、トイレの葦簀の紐が切れて落ちかけていたので補修をした。

(4) 植生調査
 東尾根西側の裏ルート(アラカシ広場下~雑木林出合付近)

(5)その他の作業
 ジグザグ道の補修(横木と杭)、探検ハイキング用目印準備、小屋等の整備、薪材置き場の整備、雨プロ用竹材の確認と保管整備

 参加者: 20名
 報告: 岸本雷太

  パウロの森くらぶホームページ



倒後の玉切りはチェーンソーで切断

不朽防止とはいうものの大変な作業です

森の設備は、間伐材を有効利活用しています


最近の間伐材は60年ほどのものが多く、後処理が大変


昨今の大雨で広場や道路が侵食されているため、その一環の堰づくり。まだまだ続きます


パウロの森を活用しやすい区画に分け、植生調査を行っています

戻る