聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
聖パウロ学園ネイチャープログラム(PNP)通信制
2020年11月4日
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 通信制3年生にとって、10月の間伐体験に引き続き後期2回目は最後のPNPとなります。
 最初に焚き火の火付けを体験してもらい、ご飯の下準備をしてから森の観察に出発しました。
 今回はパウロの森の広さを体験してもらうため、滝ノ沢林道まで上がり見晴らし台まで行く、プチ登山を実施しました。林道までのジグザグ道は結構滑りやすく、注意して登りました。見晴らし台では、いつになく秩父山塊まで見渡せ、東京スカイツリーもバッチリ見えました。
 下りの途中の広場では、1分間の瞑想を行い、鳥の声、風の音、得体の知れない気配などを感じてもらいました。
 今年はコロナ禍のため調理はあきらめ、昼食は災害時の食事体験という感じで、袋で煮て作るご飯、レトルトのおかず、缶詰め、講師差し入れのお漬物というメニューでした。 「災害時の食事としてはクオリティーが高い!」というお言葉をもらいました。
 午後は、材や木の実を使ってブックエンドを作る・・・はずでしたが、それぞれ記念になるような置物作りになってしまったようです。男子の方が女子より、メルヘンチックな置物を作っていたのがおもしろかったです。
 生徒たちに「高校生活で一番楽しかった!」「パウロの森くらぶに入りたい!」などの感想をもらうと、お世辞でもうれしいし、私たちスタッフの気合いが入ります。結局、彼らに元気をもらっているんだなと感じた一日でした。

 参加者: 聖パウロ学園通信制3年生19名 先生2名 FIT6名
 FITスタッフ: 前田満子(幹事)、森田寛臣、望月政雄、瀧浪邦子、林公康、小勝眞佐枝(報告)

  パウロの森くらぶホームページ




焚き火・火付け体験


見晴らし台からの風景


焚き火のまわりで楽しく昼食

クラフト作り


女子のカラフルな作品


男子のメルヘンチックな作品

戻る