聖パウロ学園高等学校・ネイチャープログラム(PNP)
炊き込みご飯作りと自然観察
2019年11月6日

 聖パウロ学園高等学校には全日制と通信制があります。それぞれにPNP(パウロネイチャープログラム)があり、間伐体験や野外料理、自然観察などを体験してもらっています。

 今回は通信制の生徒13人が参加し、野外料理と自然観察をしました。

 ほとんどの子が初めての火おこし、料理もほとんどやったことない、という状況だったので、包丁の持ち方などを丁寧に指導しました。

 森ではナメコがたくさん出ていて、丁寧にハサミで切り取り、水洗いしたものを豚汁に入れると、とてもおいしくなりました。ご飯も美味しく炊き上がり、満足した様子でした。

 午後は2班に分かれ、自然観察に出かけます。3年間通っている生徒でも、パウロの森を歩くのは初めて、という子が多く「広い!」と驚いていました。男子高校生は植物に興味が薄いので、香りがするもの、食べられるもの、不気味なものなどを選んで話をしました。

 温かいクロモジ茶を飲みながらのふりかえりでは、「豚汁おいしかった」「歩き足りない」「楽しかった」などの意見がありました。

 通信制のPNPは人数が少なく、生徒たちとゆっくり話せるのが楽しいです。高校3年生で進路が決まった子もいて、今後の就職先や進学先の話もしてくれました。

 今後、旅先で朴葉焼きを食べるときや、サンショウの実を見たときなど、何かのきっかけでパウロの森を思い出してくれるといいな、と思いました。

 参加者: 13名
 FITスタッフ: 4名
 報告者: 瀧浪邦子


  パウロの森くらぶホームページ




なめこ採集


飯盒で炊く炊き込みご飯


薪割り体験


いただきます

 
森の散歩1
 
森の散歩2
戻る