恩方第一小学校4年生出前授業「間伐・皮むき・玉切り体験」
2019年10月28日

 聖パウロ学園まで徒歩30分ほどかけて、恩方第一小学校から4年生の生徒がやってきました。森の広場で開会式、準備体操を済ませたあと、ヘルメットをかぶり準備完了。
 班ごとに分かれ、伐倒の見学をします。木の切り方や安全などについて話を聞き、少し緊張した表情で木が切られる様子を見つめていました。木が倒れる瞬間には歓声とため息。かなり印象に残ったようです。
 広場に戻り、丸太切りとスギの皮むきを始めた生徒たち。夢中で作業していましたが、特に皮むきは新鮮だったようで「ゲームより楽しい」「ずっとやっていたい」と言っていました。
 午前中のみのプログラムで、1本全ての皮むきは出来ませんでしたが、ひとり1枚ずつ切った丸太の輪切りを大切そうに持ち帰りました。
 今年から恩方小イベントには予備日を設定しました。スタッフは下見、本番、予備日と3日間予定しなくてはならず、調整が大変でしたが、おかげで4学年全て森でのプログラムが実施出来ました。予備日がなかったら2学年は教室で雨プログラムになっていました。
 今後も秋の雨や台風に備えて、このようなスケジュールが必要になりそうです。

 参加者: 55名
 FITスタッフ:
 林(幹事)、班長:原田、瀧浪(報告)、池田、熊木、廣川、小勝、上林、飯塚、槙田、家
 アシスタント: 清水、福原、前田




開会式


パウロの森で自然観察


伐倒作業を見学する生徒たち


伐倒したスギの切り口に見入る生徒たち


丸太を玉切りする生徒

スギの丸太を夢中で皮むきする生徒



戻る