主催者:聖パウロ学園・パウロの森くらぶ

聖パウロ学園・パウロの森くらぶ 10月初めの定例活動
2019年(令和元年)10月2日(水)曇り時々晴
開催場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 10月の月初めの定例活動は学校イベントの都合で第一火曜日の10/1でなく翌日の10/2に行い、台風18号が沖縄から朝鮮半島へ上陸するなか関東地方は曇り時々晴れのまずまずの天気の中、作業を実施した。
 作業開始前の全体ミーティングを終えて本日予定された作業を開始した。全体ミーティングでは作業内容と担当の確認、準備体操、安全注意があり、斜面での上下作業は行わない、蜂(特にスズメバチ)に注意して作業するよう、注意喚起があった。
 午前中は、
①イベントの準備:竹材の調達と運搬(伐採と枝払い、所定の長さに切断し、道具小屋へ運搬、古い竹材の処分)を実施した。(午後も引続き作業し、無事完了)
②山道の整備:ジグザグ道の谷側の土留めの整備。ジグザグ道の6折り目は横木の腐食が激しいため、現地調達したエゴノキ等を使い、横木を交換し杭で固定した。頂上付近は横木のないところがあり、整備が必要である。今日はできなかったので、次回以降に整備する必要がある。
③駐車場の整備:自家用車利用者が増加したため、周りの灌木を除伐して駐車場を拡張整地した。 
 午後は、
秋の植物調査を4つのコースに分かれて、歩いて行った。
1.西尾根~校舎裏~芝生広場~東尾根見晴らしの丘~切通し~森の広場
2.グランド脇~寮跡地~東尾根谷の道~小馬場下
3.雑木林~ジグザグ道~アサダ広場~東尾根~森の広場
4.森の広場、第二広場周辺各グループは調査資料(場所、植物名を記載)を事務局に引き継いだ。今回1コースを担当した、私個人としては、初めて見たオケラの白い花1株が印象に残った。

 最後に道具の手入れを行い、作業後ミーティングで作業内容確認、ヒヤリハット(一件発生)の確認後散会した。

 参加者17名:飯塚、家、池田、猪瀬、上林、清水、代田、長岡、中川原〔報告〕、林、原田、福原、前田、槙田〔写真〕、望月、森田、更科〔ゲスト参加〕

  パウロの森くらぶホームページ




山道の整備・・・杭を打って谷側に横木を固定


山道の整備・・・枯損木をチェンソーで切断処理


駐車場の拡張・・・古い放置材を掘り起こす


子供の蛇 ・・・掘り起こした材の下からヘビが


秋の花・・・印象に残ったオケラの花

陶秋の花・・・カシワバハグマの花が満開

戻る