高尾森林ふれあい推進センター協定イベント・森林インストラクター東京会実施

爽快!秋の奥高尾 静寂の林道ハイキング
2019年9月23日(月・祝)
稲荷山コース-高尾林道-ふれあい館-学習の歩道-高尾山頂-1号路(薬王院経由)-ケーブル高尾山駅(霞台)

 台風17号の影響が心配(主に強風)されましたが事前の天気予報を十分チェックし(高尾山頂付近では7~10m/s)、実施しました。
 とは言え、稲荷山コ-スは昨年10月の台風24号による“掛かり枝”も多く、落枝には十分配慮をしました。
ハイキングコ-スではこの風が心地良く、暑さや疲れを癒してくれました。
 稲荷山コ-スには高尾山で見られる多くの樹木や希少木を観察し、高尾林道では秋の草花が目白押し、ついつい時間を費やしてしまいました。
 “このピンクの花は!、この素敵な香りの花は!、白い小さな花は!、黄色の花は! ”お花好きにはたまらない林道歩きを堪能しました。
 昼食は“ふれあい館”を利用。この施設を利用するのが初めての参加者も多く、心地良い空間を体験して頂きました。
 学習の歩道を経由して、もみじ台下、高尾山頂、ケーブル高尾山駅まで歩き、大いに高尾山の初秋を満喫しました。
 アンケ-トによると“大いに満足、満足”との回答を頂きました。

(個体数・少又は稀) カゴノキ[稲荷山コ-ス]、クロウメモドキ[稲荷山コ-ス]、ケンポナシ [高尾林道]、クジャクシダ[高尾林道] 
(一番人気の香り)  レモンエゴマ[高尾林道]

 主幹事をはじめ、班長、アシスタントの協力により無事に終える事ができました。

 【参加人数】 15名   
 【スタッフ】  7名 主幹事・統括:有村英信 班長:長谷川守  福田正男  小川和恵 アシスタント:平野裕也  高橋喜蔵  藤岡眞
 【報告者】  長谷川守


* 森林ふれあい推進事業「協定イベント」とは、林野庁関東森林管理局長と協定を締結した団体の主催するイベントのことで、自然豊かな高尾山で楽しく自然とふれあうことを主な目的にしています。 平成30年度の協定団体については森林インストラクター東京会(FIT)をはじめ5団体が登録されています。
  『森林ふれあい推進事業』の年間計画などについては関東森林管理局の該当ページを参照してください。





準備体操


観察風景-1

 
観察風景-2
 
ふれあい館の説明



戻る