聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
9月第一火曜定例活動
2019年9月3日(火) 曇り
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)


センニンソウが満開
 作業前のミーティングで本日の作業内容と担当を確認しました。体操、安全注意の後3班に分かれて作業しました。
(1)山道の整備(西の谷を渡る道を整備)
(2)倒木処理と間伐材の整理(集積してある間伐材を薪割り用に切断、チェーンソー操作の習得)
(3)薪置き場の整理(薪を積替えて整理)と薪割り(基本作業の習得と薪の補充)

 「山道整備班」は、西の谷を渡る道を、杭を打ち横木を固定して整備しました。(杭と横木の材料は運ぶと大変なので、開発地で調達)
 「倒木処理と間伐材整理」斑は、東尾根(アサダ広場下)のコナラの倒木を処理しました。また、アスレチック広場の短かい間伐材や、道具小屋横の古い間伐材を薪用に切断しました。2メートルのものはベンチ用なので切断せず。
 「薪置き場の整理」班は、古い薪と新しい薪の上下入れ替えにあわせて、台木の入れ替えやトタン屋根の設置等を行いました。また午後から行った「薪割り」では、指導を受けながら作業習得し薪を補充しました。

 私は薪置き場整理班でしたが、薪を入れ替えしていると古い薪から大量の蟻、オオゴキブリ、ニホントカゲ等が出てきました。居心地の良かった巣を突然壊され、蟻が怒っていたのは間違いなく、私を含む2名が蟻に刺されました(私は背中を4箇所刺され、直ぐに薬を塗っていただきましたが終日ピリピリしてました。この痛みは小学生の時以来です)。大量の薪の入れ替えは初めての作業でしたが、石積のように薪の形を見ながら隙間なく積むこと、面を揃えること等も教えていただきました。
 薪割りは何度も練習しましたが、なかなか思うようには当たらず、安全かつ効率よく作業するための注意点(持ち方、立つ場所、足の位置、力の入れ方、下の台木を狙って打ち下ろす等)を教えていただきました。また個人的に杉の樹の皮を剥く作業もやらせていただきました。何とか一本剥き終えた時は達成感ありました(ベンチになるのが楽しみです)。

 作業後のミーティングではヒヤリハットは報告されませんでした。蒸し暑い1日でしたが雨もギリギリ降らず、作業を終えることができました。休憩時間にキノコを探しましたが、イグチしか見つけられずにいると、タマゴタケを見つけてきた方が私にくださいました。帰宅してから【日本のきのこ(山渓カラー名鑑)】で調べて、バターソテー(醤油少々)して食べましたが大変美味しかったです。パウロは豊かな森ですね。

 参加者18名: 飯塚、家、池田、稲葉、猪瀬、上林、小勝、小林(寛)、小林(槇)、佐々木、清水、代田〔報告〕、長岡、中川原、原田誠、廣川、槙田〔写真〕、森田

  パウロの森くらぶホームページ




杭を打って谷側に横木を設置


間伐材をチェーンソーで切断


積んだ薪を崩して上下を入れ替え


斧を当てて上から掛矢でたたいて割る


斧を振り下ろして薪割りの練習

戻る