高尾クラブ主催
夏の思い出とともに箱根湿生花園を歩く
箱根湿生花園(神奈川県箱根町)
2019年8月27日(火)

 お天気も曇りで暑さも気にならず、4班に分かれてゆっくり園内をめぐりました。
 今はミソハギやコオニユリが満開、サギソウ、ヌマトラノオ、ナガバノシロワレモコウ、カワラナデシコ、オミナエシがよく咲いています。 そして、植生復元区にはミズトンボ、微小な食虫植物ムラサキミミカキグサが最盛期です。コメ粒ほどのミミカキグサの花に参加者からも感嘆の声があがりました。
 また、今は園内で食虫植物の展示もあり、世界中の興味深い生態をもつ食虫植物が集められており、時間を忘れて見入ってしまいます。

■スタッフ:高橋まり子、中垣成、藤田冨二、中西由美子(報告)
■参加者数:33名





熱心に観察風景


微小なミミカキグサを撮影


奇妙な形をしたミズトンボの花


たくさんのハエトリグサの展示

 
ミクリの実をのぞく
 
微小なムラサキミミカキグサの花



戻る