聖パウロ学園・パウロの森くらぶ

パウロの森キャンプ
2019年8月22(木)

聖パウロ学園高等学校 学校林広場


 10時過ぎに全員集合して、広場に大型タープ張り組とソーメン用竹取組に分かれて作業開始。
火もガンガン熾します。各自キャンプや食事準備作業の傍ら、小屋の道具の整理をしたり、イベントの準備をしたり日頃できなかったことを思い思いに過ごした後、食事に入ります。

 まず、タープの下で竹を使って清涼感満点の流しソーメンをいただきます。

 ご参考までに以下はキャンプに相応しい持ちより食べ物です。(料理名は報告者の独断です)
レンコンとトリ肉のピリカラ炒め、スルメイカとスミのバジル煮、トリ肉ハニーマスタードあえ(H料理長)、ツナとナメタケおにぎり、トマトのカレー風味おにぎり、(飯盒でMさんとTさん)
 2時間近くかけて炭火で回し焼きしたバンブークーヘン(Iさん中心に)、これをエメラルドマウンテンのコーヒー(コーヒー通のMさん)と共に。
 おつまみに梅の甘露つけと三杯酢ミョウガ(M代表)、チーズ盛り合わせなどなどに加え、デザートには冷えたスイカが1個(モッチー)を切り分けて皆甘いと舌づつみをうちました。

 太陽も途中で顔をだし、夏の終わりを感じるヒグラシとツクツクボウシの声に癒され、のんびり過ごせたパウロの森を17時に後にしました。

 【参加人数】9名)
 【報告者】福原 隆


  パウロの森くらぶホームページ




キャンプ恒例パウロの流しソーメン


炭火でおいしいバンブークーヘン焼き


パウロで初めて食べたスイカ


戻る