高尾森林ふれあい推進センター協定イベント・森林インストラクター東京会実施
小下沢の渓流ジャブジャブ歩き
2019年7月13(土)

 ハイキングコース: 大下バス停~木下沢梅林前広場~旧小下沢キャンプ場広場(往復)

 当日は、曇りで午後2時30分頃より小雨となり気温が低い一日でした。
 旧小下沢キャンプ場まで、アブラチャンの香ばしさ、ドクダミの匂い、アザミのトゲなどに五感に感じてもらいました、また、ミミズやモリアオガエルの卵塊にも出会いました。
 旧小下沢キャンプ場の広場で昼食後、沢歩き用の履物や服装に着替え、 ジヤブジャブ歩きを開始も水温16度の冷たさに「おかっな、ひやひや」それでも慣れてきて笑顔満点です、
 その後、水生生物の観察ではヤゴ、カワゲラ、カゲロウ、トビケラ、ヘビトンボ、サワガニ、カジカも網にかかりました。
 閉会式で子ども達からは、「色んな生きものを見れて良かった」と発表して貰いました。
 和気あいあいとした雰囲気で事故もなく無事終了し、森の働き、渓流の豊かさを伝えることが出来ました。

 参加者: 子ども14名 大人14名 計28名
 FITスタッフ: 石川、藤岡、瀧浪、小川和恵、福田、丸山正(報告)

* 森林ふれあい推進事業「協定イベント」とは、林野庁関東森林管理局長と協定を締結した団体の主催するイベントのことで、自然豊かな高尾山で楽しく自然とふれあうことを主な目的にしています。 平成30年度の協定団体については森林インストラクター東京会(FIT)をはじめ5団体が登録されています。
  『森林ふれあい推進事業』の年間計画などについては関東森林管理局の該当ページを参照してください。





ジャブジャブ歩けるかな


ジヤブジャブ歩き踏破 やったー!


水生昆虫捕れたかな~

なごやかな閉会式



戻る