聖パウロ学園・パウロの森くらぶ

聖パウロ学園 ネイチャープログラム(PNP)
「カレー作りと自然観察」

2019年7月25日(木)

聖パウロ学園高等学校学校林(パウロの森)


 聖パウロ学園高等学校の全日制3年生にとっては学園生活最後となるPNPを実施した。
9時30分にパウロの森広場に集合。開講式、安全注意、準備体操の後、生徒達は、8班に分かれて午前中の作業を開始した。指示に従い、8班のうち4班は飯盒とダッチオーブンによるご飯炊きを、残り4班は用意された食材でカレーを作った。火おこしは、この時期、連日の雨模様の天気のため焚きつけ用材や薪の乾燥が十分でなく、最初手間取ったが、互いに工夫し助け合って、調理に十分な火を得ることができた。結果、ご飯もカレーも美味しくできあがり、参加した生徒達はもとより、校長先生始め学園の先生達、私達スタッフもそれに舌鼓を打った。生徒達による協力と共同作業の素晴らしい産物であった。

 午後は、生徒達の学舎の一部である広大な学校林内を巡り、そこに豊かな自然があり、多様な植物や昆虫などが生育していることを知ってもらう自然観察を行った。1時間30分弱を要して、林内を東尾根、西尾根へと歩き、サンショウとフユザンショウ、ムラサキシキブとコムラサキ、ハナイカダ、トリカブト、モミとカヤ、クヌギとコナラ、アラカシとシラカシ、ヤブコウジ、ツタウルシ、サワラ、スギとヒノキ等々の植物を観察して回った。多くの生徒達は、多様な種類の植物が生育することを再認識し、その大切さを感じとっていた。

 その後、パウロの森広場に戻り、振り返りと閉校式を行い、午後3時過ぎに解散した。振り返りの場では、火おこしが大変だったがカレー作りが楽しかった、パウロの森にいろいろな植物が存在することを再認識したなどのコメントが多く出ていた。

 【参加者】 全日制3年生 60名 先生 4名
 【スタッフ】 幹事: 瀧浪邦子、 班長: 小勝眞佐枝、前田満子、望月政雄、廣川妙子、内藤公雄、小川和恵、林公康、飯塚義則
 【アシスト】 稲葉力、猪瀬政勝、入江克昌
 【報告者】 飯塚義則


  パウロの森くらぶホームページ




開会式


火おこし


包丁使ったことある?


うまく炊けました


いただきます!
 
自然観察

戻る