聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
聖パウロ学園モデル学校林におけるネイチャープログラム(PNP)
【山道(階段他)の整備とタープ張り・薪割り】

2019年7月23日(火)


この道は
恩方小学校の児童が通るんだよ
 前日夜まで天気予報も定まらず、雨天時プログラムも準備万端にして当日朝を迎えた。幸いにも曇りから晴れ間も覗く天気になり、皆は自然とにこやかな表情に。81名の生徒を10班に分け、午前午後、作業内容を変えて山道の整備、タープ張り、薪割りを行った。

 山道では階段の整備だ。既にある古木の横木と杭を新しい材に取り替える。全員ヘルメットをかぶり、トンガ、カケヤ、スコップ等の道具を使い、材を新しく取り替える。その後は滑らないように踏面を平らに慣らす。

 次の作業はタープ張りだ。杭(ペグ)と竹のポールとロープを使う。ロープワークを一人一人に教える。タープと竹は巻き結び、杭(ペグ)には自在結びだ。案外、皆覚えが早い。

 最後は薪割り。直径20センチ、高さも20センチほどの丸太を斧を使っての作業。安全面には特に注意しながら最初は恐る恐る、少しずつ慣れてくると刃が狙った位置に当たるようになってくる。周りからは声援やら冷やかしの大きな声が飛び交う。

 朝9時から15時まで初めての体験が続き、体力的にも精神的にも疲れたかもしれない。でもきっと貴重な経験として彼らの血肉になると思う。責任感や協調性の大切さを感じてもらい、生徒たちの成長の一助になれたとしたら幸いである。

 スタッフ: 15名
 幹事: 稲葉力
 班長: 望月政雄、福重昌行、槙田幹夫、池田正博、家幸夫、福原隆、上林悟、森田寛臣、林公康、熊木秀幸(報告)
 アシスタント: 中川原昭久、前田満子、猪瀬政勝、野間直紀


  パウロの森くらぶホームページ




開校式での安全注意


いよいよタープを張るぞ!


やっと腰は入って来た薪割り

何度もいうけどね、こうやるんだよ

戻る