聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
7月第3土曜日の定例活動
2019年7月20日

 7月の第3土曜日の定例活動は、雨は降らなかったが、梅雨でじめじめする中実施された。
 活動開始は午前10時、作業開始前の全体ミーティングを終えて本日予定された作業を開始した。全体ミーティングでは作業内容と担当の確認、体操、安全注意があり、梅雨で最近雨が多いので、滑りやすくなっているので、足元に注意して作業するよう、また、道具をきちんと手入れし、大切に使うよう注意喚起があった。
 その後、各班に分かれて作業を開始した。
午前中
 竈の整備・・・・PNPで使用する竈の整備を実施した。
 トイレの整備・・使用可能な状態に整備を実施した。(明日のイベントから使用できる。)
 枯損木の処理・・東尾根の枯損木2本他を処理し、PNP時の安全確保を実施した。
 見晴らしの丘の草刈・・・前回に引き続き、草刈りを実施した。その結果、歩きやすく、見晴らしも良くなった。
 PNP準備・・・PNP2年生のヘルメットの点検等を実施した。
午後
 ロープワークの研修・・・PNP等で使用するロープワークの研修を実施した。
         巻き結び、自在結び、もやい結び等を手持ちのロープで練習した。
 落葉溜めの切り替えし・・発酵を促す落葉の切り返しを実施した。
         定期的に切り返しが必要である。
 B渡りの調査・・・沢を渡るB渡りを調査したところ、補修箇所が5か所位あったので、9月以降に改修作業の計画を立てる。A渡りはしっかりしており、補修箇所は.見当たらなかった。
 PNP準備・・・PNP2年生のヘルメットの点検等は終了した。

 道具の手入れ、作業後ミーティングで作業内容確認、ヒヤリハットの確認後解散。

 参加者: 17名
 報告者: 中川原昭


  パウロの森くらぶホームページ




整備された竈


見晴らしの丘の草刈


B渡りを調査、崩れた山道


切株の処理


落葉溜めの切り返し

ロープワーク研修

戻る