聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
7月第一火曜定例活動
2019年7月2日(火) 曇り
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

典型的な梅雨の日で、雨は降らなかったが湿度が高く、全身汗びっしょりでの作業となった。作業前のミーティングで本日の作業と担当を確認。体操・安全注意のあと、担当班に分かれて作業を進めた。

(1)東尾根の整備1(見晴らしの丘の草刈り・徐伐): 草刈りと徐伐により、見晴らしの丘から事務所棟等が見えるようになり、視界が改善した。
(2)東尾根の整備2(樅の木広場上の山道の整備): PNPで安全に歩けるように階段を作った。
(3)伐倒作業指導の研修: PNPで伐倒作業を指導できるように直径25cmと28cmのスギを伐倒した。略想定通りの方向に倒すことが出来た。
(4)トイレ周りの整備: 先月工事したコンクリートの上にトイレを設置。タンクに水を満たんにして、使用可能な状態になり、今後設備の微調整・備品の整備等を行うが待望のトイレの完成に感激した。
(5)タデアイの植え付け管理: 植え付けを完了した。
(6)PNP準備確認: 山道整備用の横木・杭の必要本数と薪割材が準備できたことを確認した。

最後に道具の手入れをして、閉会式で今日の作業内容とヒヤリハットが無かったことを確認し解散した。一日ジメジメした厳しい環境であったが、途中適切な休憩・水分補給を摂ったので、無事一日を終えることが出来た。ありがとうございました。夏を迎えたパウロの森ではホタルブクロやオカトラノオの花が咲き出し、キビタキやホトトギスも盛んに囀っていました。

 参加者26名: 飯塚、家、池田、伊藤、稲葉、猪瀬、入江〔報告〕、小川(和)、上林、小勝、小林(寛)、小林(槇)、佐々木、清水、瀧浪、中川原、野間、林、原田(誠)、福重、福原、前田、槙田〔写真補足〕、望月、森田、山口

  パウロの森くらぶホームページ




夏草が茂った見晴らしの丘〔作業前〕


校舎が見えるように除伐場所を確認


伐倒方向を確認しながら追い口を切る


待望のトイレが完成


間伐材を楔で割って杭作り

夏の花〔オカトラノオ〕

戻る