聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
5月第一火曜定例活動
2019年5月7日(火) 曇り 午後小雨
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)


華やかに咲くキンラン


控えめに咲くギンラン
 高尾駅北口から学園バスに乗車。森林技術総合研修所のハンカチノキの花を左に見て、河原宿を左折し、浅川沿いに進む。すると眼下左側の土手に黄色のジャケツイバラが咲きだしていた。学園に着いてから、作業小屋に向けて野球グランドの横を通るとキンランやウマノアシガタが、作業小屋の周辺ではギンランが大勢で迎えてくれた。

 安全注意では、生き物が動き出したので特にスズメバチに気を付けること、学園授業等で道具を持って山道を歩く場合、谷川の手で道具を持ち山側の手は明けておくことを徹底することの意識合わせを行った。続いて安全体操。遠くで「オーアオアーアオー」とアオバトの鳴く声が聞こえ、近くでは「ピコリ、ピッピキピピッピキピ」とキビタキや「シシシシ…」とヤブサメの囀りが聞こえる。

 最初の作業はハチトラップの回収と再設置を行った。不思議なことに1月前に設置したペットボトルは、どれも実にきれいに空になっていた。昨年までとは大違い。よく見ると、半数以上のペットボトルは入口上部のひさしが切り取られたり、入り口が破壊されていた。今までにない怪奇事象だ。諸説出たが、猿がお酒の入った誘引剤を飲んでしまい、おつまみとしてスズメバチを食べてしまったというユニークな説が最有力だ。実に興味深い。改めて40個近くのペットボトルを設置した。定点観測カメラのエリアにも改めて設置したので、次回定例作業での確認が待ち遠しい。間伐材集積では、長尺のものをチェーンソーで2mほどに玉切りし、約50本を雑木林の落ち葉だめ付近とアスレチック広場の奥から、作業小屋横まで運搬した。大変厳しい作業だった。これらの残りは約40本。東尾根小マリア像エリアのものは手つかずとなったため、残りすべてを運搬するのに後2~3回はかかりそうで今後の課題だ。

 昼食は竈班が作ったトン汁、食後にはFIT杉並会が作られた新茶をいただきました。とてもおいしく、午後の作業につながりました。ありがとうございました。午後は、間伐材の利用ということで、集材した間伐材をチェーンソーで1mに再度玉切りし、杭材とするため四ツ割を行った。長岡さん指導のもと楔と玄能、必要に応じハンマーを使用して行った。20本ほど作成。その後、鉈による杭の先端処理を行う予定だったが、材が太すぎ、思案しているうちに、恵みの雨に。作業を1時間繰り上げ終了することとなった。

 森の中には、先に触れたもの以外に、カマツカ、ミツバウツギ、ハンショウヅル、ササバギンラン、シオデ、コゴメウツギなどが咲いていた。とても気持ちの良い一日でした。

 参加者12名: 池田〔報告〕、猪瀬、小勝、清水、長岡、中川原、原田(誠)、林、福原、前田、槙田〔写真〕、森田

  パウロの森くらぶホームページ




開口部が壊され中身がなくなったハチトラップ


間伐材を運搬するために玉切り


手元ロープを使って間伐材を運搬・集積

間伐材を利用するために楔と玄能で四つ割

戻る