高尾森林ふれあい推進センター協定イベント・森林インストラクター東京会実施

春の健康ハイキング~春の香りに誘われて~
2019年4月18日(木)
日影林道~萩原作業道~一丁平~お花道(富士見台園地)~薬王院~ケーブル高尾山駅

 当日は初夏を思わせる好天に恵まれてのハイキングのスタートとなりました。

 新緑の美しいカツラ林広場で開会式をし、安全注意、準備体操のあと、班ごとに出発しました。
 日影沢林道は小仏川沿いに春の花々や芽吹き始めた木々が次々と迎えてくれています。
 参加者はどんな花に出会えるかとワクワクした面持ちです。今年は開花時期が早かったのかスミレの種類が少なく心配されましたが、お目当てのタカオスミレやヒカゲスミレ、マルバスミレ、エイザンスミレも大きな花をつけ、もちろん花期の長いタチツボスミレは美しく咲いていました。一重のヤマブキも大輪の花をつけていました。

 キャンプ場を過ぎた辺りからラショウモンカズラが咲き始め、コチャルメルソウ、カントウミヤマカタバミの白い花が薄暗い林道にぽっと灯りをともします。ハシリドコロはかっては白内障の手術に使われ「シーボルト事件」とのかかわりなど意味深い。
 二枚の葉の真ん中に下向きの花をつけるフタバアオイに「初めて見ました!」と参加者は嬉しそう。
 5月15日に催される京都の葵祭はこの葉を飾ることや、徳川家の紋章はこれをモチーフにしたことなどの説明におどろきの眼差しをされていた。
 ニリンソウの群生地で「緑のニリンソウ」を見つけ、先祖がえり?の不思議さに感動されていました。
 「今日はラッキーですね!」と参加者の笑顔がこぼれていました。
 進むうちに「グワッグワッ」というタゴガエルの鳴き声。お母さんがけん制しているのですね~!とそっとその場を後にしました。久しぶりに通れるようになった萩原作業道ではヒトリシズカがひっそりと咲きヤマルリソウも咲いていました。

 一丁平では、ヤマザクラの花吹雪の中で昼食を取り、しばし休憩をしました。
 午後1時に出発。階段脇にはセンボンヤリ(ムラサキタンポポ)の可憐な花を見つけ「初めて見ました!」という方が多く、富士見台園地ではニオイタチツボスミレが咲き、参加者の皆さんは地面に顔を付けるように香りを嗅いで「いい香りですね~!」。春の高尾山は沢山の植物たちの香りでいっぱいです。途中イヌブナの芽生えを見つけ、可愛い踊り子のようでした。

 予定通りにケーブル高尾山駅広場に到着。整理体操のあと、振り返りでは「思ったより沢山の草花や木々の芽ぶきに出会えて春を満喫しました!」と嬉しいお言葉をいただきました。まさにタイトルどおり「春の香りに誘われて」で良かったです!と笑顔で帰られたのが印象的でした。
 怪我人も無く無事にハイキングを終えることができて本当に良かったです。

 参加者: 大人31名
 FITスタッフ: 林(主幹事)、前田、佐藤、熊木、小川(班長)、中川原(アシスタント)
 報告者: 小川和恵

* 森林ふれあい推進事業「協定イベント」とは、林野庁関東森林管理局長と協定を締結した団体の主催するイベントのことで、自然豊かな高尾山で楽しく自然とふれあうことを主な目的にしています。 平成30年度の協定団体については森林インストラクター東京会(FIT)をはじめ5団体が登録されています。
  『森林ふれあい推進事業』の年間計画などについては関東森林管理局の該当ページを参照してください。





開会式風景


自然観察での班長の説明風景


タカオスミレ

緑のニリンソウ

 
イヌブナの芽生え
 
センボンヤリ(ムラサキタンポポ)



戻る