聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
4月第一水曜定例活動
2019年4月3日(水) 晴れ
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 ヤマザクラが咲き、コナラの柔らかい新芽が萌え出したパウロの森で4月の定例活動を行いました。
 作業前のミーティングで参加者と作業内容の確認、準備体操、安全注意を済ませ全員でハチトラップ設置作業を行いました。ペットボトルに窓を開け、日本酒、グレープジュース、酢、砂糖を混ぜた誘引剤を入れて、広場周辺の木に吊るしました。その後4つの班に分かれて、「椎茸圃場の整備」「西尾根道の整備」「危険木の処理」「草木染の試行」作業を実施しました。

 椎茸圃場の整備作業は、間伐材を利用して作った杭を打ち、横木を固定した榾木立てを2ヶ所作り、3月に植菌した榾木を並べました。来年の秋以降の収穫が楽しみです。西尾根道の整備作業は山道に積もった落葉の除去、危険木と枯損木の処理を行いました。危険木の処理作業は、昨年9月の台風で根返りし掛り木になったコナラの大木(2株、幹3本、直径35cm、樹高25m)をチェンソーで伐倒・切断処理しました。傾いた広葉樹の伐倒なので、幹割れ防止処置と追口の外側を残して切る技術を使って伐倒しました。草木染の試行は、スギの葉っぱと皮を刻んで煮だして染液をつくり、アルミと鉄媒染で染めました。

 昼食時は温かい豚汁と食後の淹れたてのコーヒーを楽しみました。午後は、春の植物調査を行いました。パウロの森を5班に分かれて5つのコースを歩き、観察できた植物(木本、草本、藤本)を記録しました。樹木は葉っぱを広げていないので、樹種の同定に苦労しましたが、春の芽吹き出した森を楽しみながら歩いて調査しました。2名の初参加者から「大変勉強になった」との感想がありました。

 パウロの森は、林床や芝生広場で色々なスミレが咲き競い、クロモジやウグイスカグラが花をつけ、ガマズミ・ハナイカダ・ツリバナ・ウリカエデが蕾をのぞかせ、コナラやクヌギの梢がポワーッとし始めて、万物萌え出る季節を迎えています。

 参加者:家、池田、伊藤、稲葉、猪瀬、入江、小川(和)、上林、岸本、小勝、小林(槇)、清水、代田、瀧浪、中川原、長岡、林、廣川、前田、槙田〔報告・写真〕、水木、望月、森田

  パウロの森くらぶホームページ




【ハチトラップ作り】 酒と酢と砂糖を混ぜた(美味しい)誘引剤


【シイタケ圃場の整備】 間伐材を利用した杭と横木で整備


【西尾根道の整備】 熊手で尾根道の落ち葉を除去


【根返りコナラの処理】 斜めになったコナラを慎重に伐る


【ウリカエデ】 新芽と蕾〔ウリカエデ〕

【クロモジ】 葉っぱと蕾がほころぶ

戻る