聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
平成31年2月第一水曜定例活動
平成31年(2019年)2月6日(水) 小雨
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 2月の第一水曜日の定例作業は、朝から小雨がそぼ降る中実施された。活動開始は午前9時、作業開始前の全体ミーティングを終えて本日予定された作業を開始した。全体ミーティングでは、雨模様で滑りやすくなるので足元にも注意して作業するよう注意があった。その後、各班に分かれて作業を開始した。
    
 シイタケ圃場の落葉溜め整備は、杭を14本作って打ち込み、合板6枚で壁を作った。幅2m、奥行き4m、高さ1m程の落葉溜めが完成した。雑木林中央部の落葉溜め整備は、間伐材を二つ割(壁用)、四つ割(杭用)にする作業を実施した。楔をハンマーで木口に打ち込み直径20cm長さ2m程のスギ丸太を割っていく作業で、かなりの労力が必要だった。途中からチェンソーで切込みを入れる方法に変更したら、作業効率が上がった。使い道が無く、玉切りしたまま放置されていた間伐材二十数本を、二つ割、四つ割にした。次回の定例活動で、杭材を地面に打ち込み壁材を固定して、落ち葉溜めを作る予定だ。

 竈班は火を熾して、熱々の具沢山で美味しいスイトンを作った。雨に濡れて冷えた体にはありがたい御馳走だ。

 小雨が止まないため、午後の作業は中止となり、道具の手入れ、作業後のミーティングを行い12時15分散会した。小雨にけぶるパウロの森では、ウグイスカグラの蕾が膨らみ、アサギマダラの幼虫が春を待っていた。

 参加者16名:
 飯塚、家、池田、伊藤、猪瀬、小川(和)、上林、小林(槇)、清水、中川原〔報告〕、野間、林、前田、槙田〔写真補足〕、望月、森田


  パウロの森くらぶホームページ




杭を掛矢で打ち込む


完成した落葉溜め


間伐材の丸太に楔を打って二つ割


チェンソーで切れ込みを入れる


熱々のスイトンを準備中

春を待つアサギマダラの幼虫

戻る