聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
パウロの森くらぶ第三土曜日定例活動
2019年1月19日
場所: パウロ学園の学園林

 1月19日(土)は第三土曜日でパウロの森くらぶの定例活動日だった。わたしは今年は定例活動の幹事ではないのだが、第三土曜日担当の幹事が他用で出られないので、代わりに幹事を引き受けた。たまに幹事を引き受けると、幹事の重さが理解できる。毎月の活動に感謝である。この日は、昼食時にはトン汁を作ることにしたので10人分の材料で重いザックを背負って参加した。

 高尾駅北口で、いつもの8時55分の陣馬高原下行きバスに乗り、大久保バス停で下車。学園事務課に挨拶して道具小屋の鍵を受け取る。パウロ広場に着いて、作業の準備をする。車で先に来た方がカマドに火を起こし、すでにお湯をわかし始めていた。助かった。テーブルも一つ出してあり、そこにトン汁の材料を置く。この日の参加人数は、最近にしてはとても少ない9名だったが、うれしいことに今年森林インストラクター東京会に新しく入会された方が1人参加して、パウロの森くらぶにも入会して下さった。

 本日の作業内容を説明する。以下の3点に絞った。ベテランの長さんに安全注意と安全手帳の読み合わせをやっていただいた。読み合わせは2順目に入った。長さんはさすがベテランでご自分で気がついた点を追加されていた。それから熊さんの体操。代表が安全について補足された。それから作業開始だ。

1)まず全員で、パウロ広場、第二広場、ほだぎ置き場の整理整頓、30分間
2)3班に分かれて作業
 ①昨年引退した古いテーブルを補修して再利用する。
 ②PNPで(パウロネイチャープログラム)で使用した道具類を点検し、手入れをする。
 ③新人さんにパウロの森をご案内する(事務局担当)。
3)午後は午前中と同じ作業だが、②班は「開発地」に渡るB渡りの補修の検討も行う。

 パウロの森では、昨年までテーブルが5個あって、すべての活動で使用してきた。それがもともとの構造が脆弱で脚がぐらついていたので、新しいテーブルを、昨年5台新設したのだ。しかし、パウロ学園の生徒数が増えて、PNP時(パウロネイチャープログラム)には、5台では対応できなくなったのだ。それで昨年新テーブルを作った棟梁に古いテーブルの補修をお願いした、3台だ。大工仕事となる。3人がかりでやっていただいた。傾いた野外での作業で意外と面倒な作業だ。

 道具というのは、パウロ学園の生徒がプログラムで使用する、ノコ、剪定ばさみのことだ。70人~100人の生徒が道具を使うので、使用後の点検、手入れがどうしてもその場ではおろそかになるのだ。それで、ときどき全道具を出して点検・手入れをすることになる。4人がかりで一個ずつ点検し、手入れしていただいた。天気も良かったので予定通りに進めることができた。

 さて、幹事代理は新人と一緒にパウロの森を案内した。東京ドームの約5倍の広さがあるので一度に全部は回れない。アサダ広場、モミノキ広場、アラカシ広場、ジグザグなど意味するところを説明しながら、午前中のご案内はパウロ広場中心で終わってしまった。

 さて、お約束のトン汁作りだ。トン汁というのは作るのは簡単で、材料を切って鍋に放り込んで出汁と味噌で味をつければOKなのだが、家庭と違って、人数が多いので材料を切るのが意外に大変なのだ。実は昨年20人分の材料を一人で切ったことがあるのだが、約1時間かかって一人では大変だと実感したのだ。先に書いたように 別の方が火を起こしてくれていたので、わたしは事前に鍋に水を入れてわかして、切った材料を放り込んでヤレヤレだ。ついでだが、パウロで汁ものを作る時は、いつも材料費一人100円が目安だ。自分で調達して見ればわかるのだが、トン汁の場合は、豚肉ですべてが決まる。昨日も大体100円となった。

 コーヒー好きのMさんが参加して下さったときは、大体本格的なドリップコーヒーを淹れて下さる。冬の寒い時期に温かい汁ものが出て、食後にはコーヒーを飲んで楽しいひとときを過ごすことができるのはうれしいことだ。

 11時45分から昼食休憩、12時半から午後の作業開始だ。1月いっぱいは陽が短いので作業は14時までだ。わたしは新人さんを連れて、東尾根から野球部のグラウンドの裏をぐるっと回って芝生広場に出て西尾根に回ってパウロ広場に戻った。

 14時前になったので、全員集合して振返り。本日予定した作業はすべて終了した。ヒヤリハットはなし。火消し当番がカマドの消火を確認し、水道の水を抜いて本日の活動を終了した。大久保バス停までブラブラ山野草観察しながら歩いた。バス停のナツメの実は段々乾いて強烈なにおいを放っていた。センダンは剪定さ
れて実は残ってなかった。ときどき顔を出してくれるダイサギは最近、姿を現さない。

* 報告をご覧下さったみなさん、パウロの森で森の作業をやり、昼は温かい汁物をいただいたり、コーヒーを飲んで楽しんだりしませんか。どなたでも参加することができます。どうぞ、一度参加して下さい。問い合わせは事務局までどうぞ。

 参加者: 9名
 報告者: 稲葉 力

  パウロの森くらぶホームページ




カマドの前で道具の点検


古いテーブルを補修する


戻る