聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
平成31年1月定例活動
平成31年(2019年)1月10日(木) 晴れ後曇り
場所: パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

 朝はよく晴れていたがパウロの森に向う頃にはどんよりとした寒空に変わっていた。森に着いた頃の気温は約2℃、水溜まりや汲み置きしてあるバケツには氷が張り落ち葉の下には霜柱が立っていた。

 今日は年初の作業日。恒例の山の神へ安全を祈願した。パウロの森のご神木サワラの前に全員集まり、紙垂とお供えで祭壇を作りその周りにヘルメットと道具を並べ、安全担当者が「昨年が無事故であった事へのお礼と今年も無事故である事を願う」祝詞をあげ、神酒で献盃をした。

 その後、作業の打ち合せと安全の申し合せをし、体操の後各班に分かれて作業現場へと向かった。1班は昨年末東尾根と西尾根に保管していたシイタケ榾木(ほだぎ・ほたぎ)を一輪車でシイタケ広場まで運ぶ作業だ。整地された林道やアスファルト道を通ったが、その距離は長く、またほとんど急な上り坂のため結構きつい運搬となった。運んだ榾木は合計40数本、東屋(あずまや)付近に数本まだ残している。

 2班は樅の木広場付近に保管してあった杉の間伐材を落ち葉溜めヤード脇に運ぶ作業だ。材の径は10〜20cmでヤードの補修のために使う。太いものは楔を打って分割し側壁等に使う予定だ。運んだ材は25本ほど。手元ロープで地面を引き摺ったので枯葉で覆われた森に黒い一筋の作業道らしき跡がついた。当初保管してあった集材を見た時「この重そうな材を運ぶのはそうとうきついな」と思ったが昼前には全部運び終えた。

 3班は購入した枝打ちに使う登降器を試用し、安全に使えるか否かを検証した。これは足に装着し横から出ている鋭い爪を一足毎に幹に食い込ませて登り降りする器具である。試用結果は「プロは使えるが我々のような素人には安全に使いこなすことは難しいので使わない方が良い」と結論した。この登降器は食い込みが不完全だと幹から足が外れて落下してしまう危険がある。使う場合は安全帯の着用は必須だ。

 午後は榾木や間伐材の運搬がほぼ終わったので広場周りの杉の苗場の整理と薪割りをした。薪割りは2つの方法で行った。一つは従来通りマサカリを直接丸太に勢いよく振り下ろす、他は予め丸太の上にマサカリの刃を置きその上を掛矢で打つ方法だ。後者は確実に割り込む位置を決め手元が狂って失敗することがないが木製の掛矢で鉄のマサカリの頭を打つので掛矢が痛むのは否めない。また2人で行わなければならないが、初心者が比較的安全に薪割りができるメリットがある。どちらが良いかは決められないが、私としては前者の方は最初難しいが慣れてくれば断然早い、また割った時の「カーン」の快音から得る充実感は得難いものだ。

 どんよりした空で昼ごろでも気温は約7℃、このような時には体が温まるものが食べたくなる。パウロの森には他のフィールドにはない竃(かまど)がある。今日は年初、竃班が焼き餅入りのお汁粉と甘酒を用意して待っていた。甘酒は白米と赤米から作った麹を使ったので紅白のお祝甘酒となった。そのほかにリンゴや森で収穫したシイタケの佃煮の差し入れがあり豪華な「新春昼食会」となった。

 森の広場にはお汁粉の甘い香りが漂い、枯葉が敷き詰められた林内には緑の間からポツリポツリとマンリョウやヤブコウジの赤い実が見え隠れし林床にアクセントを作っていた。広場から森に向かう通路の脇のカシワバハグマの根元には綿菓子のような純白の霜柱がついていた。今日もヒヤリハットなどの事象は無く、いつもより早めに作業を終了しパウロの森を後にした。

 参加者: 18名(敬称略)
 飯塚、家〔報告〕、伊藤、稲葉、猪瀬、上村、小林(寛)、小林(槇)、清水、瀧浪、中川原、廣川、福原、前田、槙田〔写真〕、水木、望月、森田

  パウロの森くらぶホームページ




ご神木の前で安全を祈願


落ち葉が積もった広場で代表年頭の挨拶


一輪車に積んで榾木を運搬


榾木を井桁に積む


落ち葉溜め用に間伐材を運ぶ

林床のアクセント(ヤブコウジ)

戻る