にこにこハイキング主催・高川山ハイキング
日本一高い富士山の展望と世界一速いリニアモーターカーの施設を楽しむ
2018年12月8日(土)


サザンカの花


ロープを伝って(縦走班)
 天候は晴れ、初狩駅からリニア班と縦走班に分かれ、スタートしました。少し行くとコムラサキが綺麗に実をならしていました。次に中央本線のガードをくぐり、先ずは自徳寺霊園を目指しました。途中、ヒツジの顔をしたオニグルミの冬芽を皆で観察。前回の三頭山ハイキングの時に観察したウサギの顔のオオカメノキの冬芽も写真で合わせて確認しました。振り返ると、中央本線の向こう側に滝子山が見えました。自徳寺霊園のところではサザンカが花を咲かせていました。皆でサザンカの花に鼻を近づけ香りを楽しみました。

 トイレの広場に到着し、広場で開会式を実施しました。トイレを済ませた後、縦走班、リニア班の順番で男坂・女坂コースの登山口を目指しました。登山口からは少し急な登りが続きました。紅葉の落葉を踏みしめ、ストックを持っている方はストックを使用し、ゆっくり登って行きました。カシワバハグマ、イヌショウマ等が見られました。男坂・女坂の手前で給水休憩をとりました。更に急な坂を登り、男坂・女坂の分岐に到着しました。男坂に比べて緩やかな女坂を登って行きました。沢コースとの出会いを通り、男坂コースとの出会いで給水休憩をとりました。途中、「やじろべえ」の形をしたクロモジ・アブラチャンの冬芽、イロハモミジ等の紅葉、ウリカエデの樹皮を楽しみながら登り、高川山山頂に到着しました。

 高川山山頂で昼食、記念写真をとりました。山頂から山並み、大月の街並み等の景色を楽しみました。残念ながら、少し離れた富士山は顔を出してくれませんでした。しかし、平成の元号最後の12月でもあり、記念に残る様、皆で中央沿線随一均整のとれた富士山の写真を見ながら、「ふじの山」を合唱しました。山頂ではシラキが実をならせていました。シラキの実はチャノキの実に似ていました。

 次に下山を開始しました。狼煙台を通過し、むすび山・中谷の分岐に到着しました。縦走班とリニア班はこちらで分れます。縦走班はむすび山方向へ、リニア班は中谷方向へ下山。リニア班は更に、古宿分岐を中谷方向へ進み、無事リニア見学センターに到着しました。途中、オケラの実を見て、12月ということもあり、京都の八坂神社の「朮(おけら)詣り」に思いを馳せました。又、猿が挨拶に来てくれました。リニア見学センターで解散しました。

 解散後も、一緒にリニア館の3階でリニアシアター、ジオラマでリニアに関する情報を得て、2階でミニリニアモーターカーに乗車し、超電導ラボでリニアの実験を見学。1階でリニア実験車両の車内を見学。各階で、真横を実験走行するリニアモーターカーを体感しました。又、やましな館の3階から実験走行するリニアモーターカーを見学(穴場)、1階でお土産を購入しました。その後、リニア見学センターのバス停から大月駅行のバスに乗車、大月駅に到着。 ほぼ同時に、縦走班も大月駅に無事到着し、整理体操の後、再解散になりました。縦走班はむすび山・中谷分岐から、むすび山を経由し大月駅に到着。縦走途中、実験走行するリニアモーターカーを見ることが出来ました。

 富士山を見ることが出来ませんでしたが、平成の元号最後の12月に「ふじの山」を高川山山頂で合唱し、世界一速いリニアモーターカーを見ることが出来ました。

 参加者: 12名
 スタッフ: 稲葉、槙田、久保(幹事・報告)





イロハモミジの紅葉


高川山山頂で「ふじの山」を歌う


高川山山頂から見えるリニアモーターカーの実験線

猿の写真を撮る(リニア班)



戻る