聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
12月第一水曜定例活動
2018年12月5日(水) 晴れ 場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校の学校林)

木枯らしの吹かなかった今年の暖冬の中、蒸し暑さを感じながら気持良い汗を流しました。まずは第一広場での全体ミーテイング、16名の参加者の作業班分け、作業前の念入りなウオーミングアップ、安全注意事項の確認後、各班の作業に取り掛かりました。

1班は西尾根中腹道の、9月の台風で根返りして掛り木になっている直径25cm大径木のコナラをチルホール、チェンソーを使って切断処理しました。2班は西尾根校舎裏の山道の倒木3本を手鋸で切断・撤去しました。3班は二連梯子とあぶみを使用して広場西側の4本の杉の枝打ち作業を実施しました。到達高さ11mはパウロの森くらぶのこれまでの作業で新記録!です。4班は備品の点検を行ないながら道具小屋の整理を行いました。

昼はパウロ産シイタケを含めた具沢山の豚汁、恒例の高級コーヒーをご馳走になり午後もやり残しの作業に没頭。おかげでパウロの森の紅葉も一段と映える様になりました。

作業終了後、道具の手入れ、後片付け、作業内容の確認、ヒヤリハット事象の確認、火気管理者の竈の消火確認後、パウロの森を後にしました。大久保バス停から振り返ると白い校舎の裏側の広葉樹の森が赤や黄色に燃えているようでした。

暖冬とはいえ雪虫も飛んできているのでそろそろ冬らしい気候になりそうな気配を感ずることも出来ました。初冬のパウロの森では、オトコヨウゾメの赤と黒に色分けされた紅葉が、ウリカエデの鮮やかな黄葉が、イロハモミジの赤と黄色の紅葉が見頃です。

 参加者(16名): 飯塚、伊藤〔報告〕、稲葉、猪瀬、上林、小林(寛)、小林(槇)、清水、瀧浪、中川原、林、福原、槙田〔写真補足〕、水木、望月、森田

  パウロの森くらぶホームページ




直径25cmのコナラが根返り


根返り木を切断してチルホールで引く


手鋸でコナラの倒木を切断・撤去


パウロの森の紅葉(オトコヨウゾメ)


地上11mでの枝打ち作業

パウロの森くらぶの新記録!

戻る