すみだこどもまつりクラフト出店
2018年10月6日(土)・7日(日)

10月6日(土)、7日(日)の2日間にわたり、墨田区主催の「すみだまつり・こどもまつり」でクラフト作りを出店しました。この催しは墨田区の錦糸公園で行われ、毎年延べ約30万人の来場者で賑わう墨田区の秋の恒例行事です。“自然の恵みでクラフト作り”と題したFIT(森林インストラクター東京会)のクラフト作りは、今年で8回目の出店となり、毎年多くの子供たちで賑わう、まつりの目玉行事のひとつとなっています。今年も2日間で1,300人を超える子供たちが集まる盛況ぶりでした。

今年は、ブンブンゴマ、えんぴつブローチ、ひのき実ブローチ、木のお家・木のクルマ、ケムンパ、ウリ坊、トチの実ストラップ、お絵かきの8種類のクラフト作りを出店しましたが、6日(土)、7日(日)とも朝から天候に恵まれて、開始のAM10時から終了のPM4時まで、各ブースにはひっきりなしに子供たちが訪れ、2日間で1,300人を超える子供たちに、様々なクラフト作りを体験してもらうことができました。両日ともお昼前には各ブースの横に順番待ちの列ができ、混乱を避けるためにFITスタッフ2人が専属で交通整理に当たるほどでした。

どの子供たちも真剣な眼差しで、木の実や木の板を使って慣れないクラフト作りに取り組んでいました。そして、完成した時に見せる満面の笑顔から、子供たちの充実感が伝わってきました。また参加したスタッフからは、クラフトを教えるだけでなく積極的に話しかけてコミュニケーションをはかった、食事時間が満足に取れないほど忙しかったが子供たちの笑顔を見ると来年もやりたくなる、1,300人を超える子供たちが訪れたが、事故や混乱なく楽しんでもらえ墨田区に対しても信頼度が上がったのではないか、などの意見がでました。

今後も子供たちをはじめ、たくさんの方々に自然の恵みを感じる機会を提供し、自然と関わるきっかけとなる活動を行ないたいと思います。また、FITメンバーが新しいクラフトを試す機会として、メンバーのスキルアップの場として、来年以降もこの「すみだまつり・こどもまつり」に参加していきたいと思います。

2日間のそれぞれのクラフト体験人数は以下の通りです。
6日(土) スタッフ21人(参加者名略)、参加者629人 
内訳:ブンブンゴマ150人,えんぴつブローチ130人,ひのき実ブローチ112人,木のお家・木のクルマ49人,ケムンパ99人,トチの実ストラップ40人,お絵かき49人
7日(日) スタッフ22人(参加者名略)、参加者678人
内訳:ブンブンゴマ115人,えんぴつブローチ119人,ひのき実ブローチ140人,木のお家・木のクルマ56人,ケムンパ101人,ウリ坊63人,トチの実ストラップ32人,お絵かき52人

 報告: 脇本和幸




上手にできるかな?


スタッフも真剣


僕にもできるよ


通路まで行列が


ブースの中まで大混雑

早く順番が来ないかな



戻る