聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
10月第3土曜日定例活動
2018年10月20日(土) 晴れ

 私にとっては久しぶりの定例活動参加、朝日差す「パウロの森」での「安全手帳」の読みあわせが、まるで日曜学校の「聖書」の音読のよう。安全な作業の為、正に我々の「バイブル」なのだ、と気が引き締まった。

 本日の作業
@ アスレチック広場の整備:研修兼の伐倒
 危険を知らせる笛の音が弱かった(笛吹きは慣れないと意外と難しい)馬場に近い場所では倒木の地響きが影響する恐れがあり、馬場への事前連絡が必要。

A 沢向こうの未開発地の台風影響調査
 稲葉探検隊長の行軍は厳しく、道なき道を使命を帯びながら踏査する任務は、緊張を伴いながらも野生の血が騒ぎ楽しむ。被害は少ないとの予想に反し、倒木、折木、懸り木をポイントで確認。ポイント木の消えかけたナンバーを上書き、通路に当たる部分で除去作業などが必要な障害木に黄色のテープを貼った。

B PNP等のイベントの準備
 ベンチ用に倒木したものの皮むき作業が、冬支度の季節の所為か難航する木もあった。(上手く剥ける木もあり、個体差、技術差?)

C 山道の整備
 各ポイントに分かれ適宜おこなった。池田班は、東尾根の東屋の再生、展望の確保が出来たらいいな・・・と夢を描きつつ、枯損木の除去などを行った。昼食後には、槙田さん差し入れの沢山の甘い柿、水木マイスターの香り高きコーヒー(モカ・マタリ?)が供され、森の憩いのひとときを楽しんだ。

 道具の手入れ、後始末、作業報告、安全確認(ヒヤリハット事例ナシ)を行い解散となった。

 参加者: 11名
 報告者: 廣川妙子

  パウロの森くらぶホームページ




伐倒した材


危険木処理の準備

危険木の処理後

戻る