2018パウロの森くらぶ公募イベント
遊んで体験!パウロの森のディキャンプ
2018年10月14日(日) 場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校・学校林)

 高尾駅に集合する頃には雨が上がり青空も一部見えて喜んでいたのも束の間で再び雨が降り出した。会場の準備組は広場にタープを張る必要があるためタクシーで早めに向かい会場の設営をした。
 開校式の後、今日最初のメニュー「火起こし」。まずピザ窯の前に全員が集まりマッチ一本と新聞紙で薪を燃やせることを実演で学習し、その後林に入って火つけに必要な杉の葉を集め、今度は参加者が別の竃で火起こしをした。子供が点けたマッチの火は新聞紙から杉葉・小枝に移って太い薪を燃やすまでになった。
 次のメニューは子供逹の特製スープと大人逹のピザ作り。子供逹のトントンサクサクとお母さんに負けないくらい上手に切っていたのには驚いた。大鍋に入った玉ねぎをキツネ色になるまでバターで炒めている姿はレストランのコックそのものでした。隣では飯盒炊きのベテランが炊いたご飯でのおにぎり作り。具材はシンプルにオカカと梅にしました。
 並行してブルーシートを使ったテント張りをした。初ての経験なので戸惑いがありましたが間も無くある家族グループでは子供さんがイニシアチブをとり用意してあった竹の支柱・ロープを使ってテントを作り始め、試行錯誤の上全部で8グループのオリジナルのテントが張られた。家族の思い出になる作品でした。その後ロープワークの本結びと巻き結びの練習をした。生活の中でそれをきっと活かせる時がくるでしょう。
 昼食後、子供逹は“五感を研ぎ澄ませて”森の探検に入りました。林の中で植物の匂いを嗅いだり触って感じてみたり色々の形の葉があることを知ったりで、それぞれの発見で目が輝いていました。班長の説明に頷きそして質問するなどこのまま行けば将来植物博士になれるような子供達でした。
 ご参加の皆様には、時々雨がぱらつくなか大勢ご参加いただき、また後片付けもしていただきありがとうございました。

 参加者: 35名(子供20名、大人15名)15家族
 FITスタッフ: 池田(主幹事・報告)、福重、前田、瀧浪、家、林、内藤、小川(和恵)、長岡

  パウロの森くらぶホームページ













戻る