聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
10月第一水曜定例活動
2018年10月3日(水) 曇り

9月30日(日)の夜中に吹き荒れた強風により、パウロの森でも多くの倒木、落枝、掛り木が見られた。今後各種イベントが予定されている中で、イベントが安全に実施出来るように、倒木・落枝・掛かり木の処理と山道の整備を行った。

午前中は4つの班に分かれて、次の作業が行われた。
(1)山道の整備: 雑木林・西尾根・東尾根で倒木、掛り木の処理をおこなった。(この班は午後も継続)
(2)アスレチック広場の整備: スギを伐倒し、ベンチ用丸太 を準備した。
(3)イベントの準備: PNP及び保護者会でのリース作成の為に、アオツヅラフジの蔓を採集して48個のリース枠が出来た。
(4)小屋の整備: 古いヘルメットの処理と、子供用ヘルメットを初めヘルメットの個数をコンテナに明示し、管理方法を徹底した。

午後は3つのコースに分かれて、植物調査を行った。この植物調査は毎年春と秋に行われているもので、希少な植物の保護と自然観察会の資料として役立てることを目的にしている。最後に道具の手入れ、各班ヒヤリハットが無かったことを確認し、解散しました。

秋たけなわのパウロの森では、カシワバハグマが満開、オヤマボクチのとげとげの蕾が大きくなりました。まだシイタケ圃場では秋子の姿を見かけません。

 参加者(19名): 飯塚、家、池田、伊藤、稲葉、猪瀬、入江〔報告〕、上村、上林、小勝、清水、瀧浪、長岡、中川原、林、前田、槙田〔写真補足〕、森田、山口、山本

  パウロの森くらぶホームページ




台風の暴風でコナラが根返り


山道を塞ぐコナラの倒木を処理


アスレチック広場の整備


リース材料のアオツヅラフジを採取


ヘルメットを整理整頓

秋の花「カシワバハグマ」

戻る