主催:八王子市立第三小学校 講師:森林インストラクター東京会(FIT)
高尾山登山(高尾移動教室2日間の初日)
2018年9月20日(木)

コース: ケーブル清滝駅前広場〜稲荷山コース〜山頂(昼食)〜富士道〜十一丁目茶屋〜ケーブル高尾山駅〜清滝駅

猿の腰掛だ!


かわいい脳茸幼菌!

 小雨模様の朝、高尾山ケーブル清滝駅前広場で待っていると、向こうからやってきたのは今日の主役である大勢の子供たちです。緊張気味の子もいれば、開放感に期待を膨らませている子も多いように思われます。整然と並び、子供班長さんたちがてきぱきと確認人数を先生に報告します。代表の先生からは、お心遣いあるご挨拶。森林インストラクター代表からはお礼の挨拶、コースの説明、安全上の注意があり、そしていよいよ登山開始です。
 歩き出しておしゃべりする内に、皆んなの心がほぐれていくのがわかり、嬉しく感じます。 「きのこだ! おお赤くてデカイぞ!」 「ミミズ捕まえたよ」 「花が全然ないね」 「あっ、鳥の声が聞こえた」 と発見が続きます。植物と動物の違い、生物が食べたり食べられたりする生命のサイクル、葉、茎、根の役割や光合成等の質問に、しっかりした答えが返ってきたのにはちょっと驚きでした。
 この時期草花が少ない稲荷山コースの中にあって、ヤマホトトギスの珍しい色模様と形、そしてキバナアキギリの仮おしべをペン先で突っつくとおしべが上から出てくるその仕組みには目がキラキラでした。むき出しになった根っこやゴツゴツした岩の道を登りつつ、前を歩く班を追い越したがったり、後ろの班に抜かれるのを悔しがったりするんだね。大きな声で話しかけてくる子、ヒソヒソ話のように聞いてくる子。そんな個性がステキです。大切にして下さいね。
 昼過ぎからはいよいよ空の様子が怪しくなってきた為、下りは予定していた4号路、琵琶滝コースを変更し、富士道とケーブルで降りることになりました。
 閉会式はケーブル清滝駅の構内で行われ、最後には男女ペアの代表生徒が立派なお礼の挨拶をしてくれました。外を見るといつの間にか本降りになっており、「いやあ、ケーブルカーに乗って早く下山して良かったね」 という声も聞こえました。 引率して頂いた校長先生と各担任の先生方そして生徒の皆さん、お疲れ様でした。そして有難うございました。

 参加者: 小学校5年生110名(3クラス)、先生5名、計115名
 FIT幹事: 長谷川守(主幹事)、瀬川真治(サブ幹事)
 FIT講師: 宮入芳雄、中西由美子、岡本俊彦、丸山正、廣川妙子、後藤裕子、熊木秀幸(報告)





ケーブル清滝広場での開会式


清滝駅構内での閉会式


ちょっと一休み(稲荷山)

高尾山頂にて



戻る