季節の会主催
真紅に染まる巾着田・ヒガンバナに会いに行こう
2018年9月20日

 午後からのお天気が心配された中、お申込者全員にご参加いただき、高麗駅より観察会をスタートしました。巾着田までの道のりでもマルバルコウソウやシラハギ、ツルボ、キバナコスモスなど色とりどりの草花が次々と…道の両わきの土手で迎えてくれるヒガンバナの開花状況に巾着田のヒガンバナへの期待も深まります。
 埼玉県日高市特産のクリ畑をぬけ、辿りついた巾着田のヒガンバナの開花状況はどんぴしゃり! 草丈が揃ったヒガンバナが一斉に咲き誇る光景は、まさに赤い絨毯を敷き詰めたようでなんとも幻想的でした。「今回が最高の開花状況ね」と、以前にも巾着田へお越しになったことがある参加者の方に言われ、観察会に合わせて見事に咲いてくれたヒガンバナに感謝。
 そして日和田山へ移動し、今度は見晴らし台から巾着田の眺めを楽しんでいただきました。少し急峻なところもありましたが、森林インストラクターたちから、ハイイロチョッキリが落としたドングリやヒノキの実つき枝などを題材にした話を聞きつつ、キハギ、コウヤボウキ、ヤマジノホトトギスの花を観察しつつ、荒い息を整えてながらがんばって登り切ってもらいました。
 その先、お昼休憩となる駒高までのゆるやかな山道では、ツルアリドオシの赤い実やチゴユリの青い実、キッコウハグマ、シュウブンソウ、キンミズヒキなどゆっくり観察。ガマズミやノブドウの虫こぶの世界も楽しんでいただきました。
 駒高からは、アズキの原種となったヤブツルアズキの花や名前に似合わず可愛らしいハシカグサを愛でながら、また、スズメウリとカラスウリ、シロヨメナ、ユウガギク、シラヤマギクを見比べしながら、舗装された道をのんびり下山。途中降り出した雨にも負けず、ぽつんぽつんと咲き始める秋の花や実なりを迎える植物との出会いを楽しみました。
 約9kmと長丁場のコースでしたが、振り返り後のスタッフ手作りの「栗の渋皮煮」のおもてなしに舌鼓された参加者の笑顔に、スタッフたちも充実した楽しい一日となりました。

 参加者: 21名
 FITスタッフ: 西野哲朗・吉田久美子・小杉文俊・市川美保子・加藤栄己子・伊藤恵美(報告)



●報告写真枚数:6枚
1巾着田の赤い絨毯、2シロバナマンジュシャゲ、3ヒガンバナとは…、4いざ日和田山
へ、5話を聞きつつ息を整え…、6ヤマジノホトトギス





巾着田の赤い絨毯


シロバナマンジュシャゲ


ヒガンバナとは…


いざ日和田山


話を聞きつつ息を整え…

ヤマジノホトトギス



戻る