高尾クラブ主催
黒山三滝でシダ観察会
2018年7月9日(月)

 シダ観察地のメッカと言われる黒山三滝(埼玉県越生町)で、シダの基本種25種(高尾クラブ選定)を含む45種類を観察しました。
 近隣ではなかなか見られない、トキワシダ、アオネカズラ(黒山三滝が北限とか)、大型のシダ、オニヒカゲワラビなども紹介しながら、イワガネゼンマイとイワガネソウ、ヤワラシダとハリガネワラビ、キヨタキシダとヤマイヌワラビなど、似たものの見分け方を説明しました。この辺がわかってくるとシダが好きになるのかなとも。またシダには見えない、マメヅタ、タチクラマゴケ、シシラン、ウチワゴケ、コウヤコケシノブなどがシダであることにも驚かれたようでした。
 この時期は花も少なく、滝と谷川のある涼しい環境での、シダ三昧の観察会も一興と感じました。

 参加者: 22名
 スタッフ: 仲田、藤田、中西、小林(報告)





黒山三滝で、アオネカズラを探す参加者


風情のあるトキワシダ


.シダに見えないシシラン


シダに見えないウチワゴケ(トランペット状の包膜)


閉会式

大型シダのオニヒカゲワラビを観察



戻る