第86回 高尾山 GREEN CLEAN作戦
2018年7月7日(土) 曇り

先日(6/29)の関東地方の梅雨開け宣言にも拘らず、ここ数日、九州、四国、中国、近畿地方では梅雨前線と台風の影響で甚大な豪雨被害が発生。幸い、当日の高尾山は曇りの予報。湿度は高く薄雲りの夏日であったが、風はそよと過ごしやすく、普段はごった返しの登山客も少なく、快適な一日であった。

初夏の高尾山は濃淡豊かな緑とフレッシュな生命エネルギーに溢れ、訪れる者の心を若返らせてくれる。花序は真白のアカショウマ、果実の輝くギンレイカ、豪華シャンデリアのムラサキニガナ等の観察を楽しみながら日影沢林道から逆沢作業道をもみじ台に上る。

また今年のブナは7年振りの成り年とかで、イヌブナの実との違いを実物を見ながら詳しく説明を受ける。

一人の負傷、ヒヤリハットもなく終えることができ、また落ちていたゴミも少なく、回収した量は、燃えるゴミ1袋、空きカン1袋、ペットボトル1袋という結果であった。

もみじ台ではオカトラノオが風に揺れ、沢沿いのタマアジサイが弾けだし、一号路ではミズヒキ、キンミズヒキ、キツリフネソウ、ハエドクソウ、ハグロソウが咲き出し、イワタバコの蕾が大きくなりました。

* 次回の「第87回高尾山GREEN CLEAN作戦」は、山の日制定記念「まるごと!高尾山GREEN CLEAN作戦」で、8/11(土、山の日)に4つのコースで行います。
 高尾駅北口は8時30分集合で「蛇滝コース」「いろはの森コース」、高尾山口駅は9時00分集合で「稲荷山コース」「琵琶滝コース」です。

 開催場所: 日影沢コース〔日影BS~日影キャンプ場~逆沢作業道~もみじ台~高尾山頂〕
 参加者: 28名(一般14名、FIT会員14名)
 スタッフ: 入江克昌(代表)、稲葉 力(写真)、臼井治子、野坂俊樹、廣川妙子、槙田幹夫(写真)
 報告者: 熊木秀幸




人出が少ないもみじ台で集合写真


ブナとイヌブナの実の違いを観察


実が垂れ下がる(イヌブナ)


実が上向きにつく(ブナ)


豪華シャンデリア(ムラサキニガナ)

今回拾ったゴミは3袋でした



戻る