聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
第三土曜日定例活動
2018年7月21日 場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校 学校林)

 7月21日(土)に、体温を上回るほどの猛暑の中、パウロの森くらぶの第3土曜日定例活動が実施された。余りの蒸し暑さに、バス停から第一広場までの歩きで、すっかり大汗をかき、ヒートアップ状態となった。開会の全体ミーティングでは、安全ブックレットを使用しての安全確認があった。今日のテーマは、倒木、造林、運搬について。参加者全員が、繰り返し、安全確認を喚起する真摯な姿勢はとても大切だと感じました。
 午前中の作業は、倒木処理、テーブル作り、新規調達のヘルメットの整理等。今回が初参加の2名(小川和恵さん、藤岡)は、長岡さんの案内でパウロの森の中を歩いた。サワラの巨樹(御神木)、第二広場からクヌギ林を登って林道に抜け、林道からの遠景を楽しんだ。東尾根を下り、マリア像の横を通り、見晴の丘へ。学校の裏から西尾根へ。東京ドーム5倍ほどのエリアの主要部をぐるっと1周、丁寧に案内して頂いた。食事の後は、福重さん指導の下、全員でロープワーク研修を受けた。基本的な結びを10種類ほど手ほどきを受けたが、なかなか自分のものになっていないことを再認識しました。練習しなければ!その後、枝打ち作業の研修が予定されていたが、暑さの為に疲労も出ていたため、高所での作業は中止。福重さんから「正しい枝打ち」を資料を使っての説明を受けた。材木の価値を上げるために実施される枝打ちの諸注意、留意点等を教えて頂いた。予定より1時間ほど早めに本日のプログラムを終了した。
 うだるような暑さで、熱中症が危惧されたが、ペットボトルの水を凍らせて身体を冷やしたり、水分を多めにとる、日影で休憩する等で対応し、全員無事に帰りのバスに乗り込む事ができた。

 参加者: 26名
 報告者: 藤岡眞

  パウロの森くらぶホームページ




準備体操


テーブルの塗装


戻る