聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
7月第一水曜定例活動
2018年7月4日(水)午前中小雨、午後晴れ 場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校 学校林)


夏の花その1(オオバギボウシ)


夏の花その2(オカトラノオ)
まず全員でハチトラップを用意し、5月に設置したものと交換しました。回収したトラップには、スズメバチの女王バチが2匹、働きバチが25匹ほどかかっていました。今のところ、まだ巣は確認されていませんが、イベント実施の際はくれぐれも注意しなくてはと思いました。

午前中は時折雨が降る中、PNP(パウロネイチャープログラム)に向けての伐倒作業指導の研修、広場の整備を行いました。伐倒作業指導の研修では、初めて木を伐る高校生に対して適切に伐倒作業が指導できるように、伐倒の目的、作業の手順、作業を指導するポイントなどを説明した後、4本のスギを伐倒して指導方法を学びました。広場の整備・草刈りでは、オカトラノオ、ツルニンジン(ジイソブ)など花が咲くものは残してきれいにしました。

昼食後はまた全員で、通称アスレチック広場の、間伐作業で発生した小枝の片付け、簡易トイレの設置場所検討(いつもの場所の上にかかり木があるため)などを実施しました。絶対に事故は起こさないという信念が感じられました。

午後には雨はやみ、引き続きの作業の他、テーブルの脚作りもしました。新しいテーブルの脚は、7月15日(日)のカブトムシのイベントから使用する予定です。草木染め用のタデ藍の手入れも実施されました。東尾根の見晴らし台も伸び放題になっていたススキと萩を刈り取りすっきりしました。最期に使った道具の手入れ、作業内容の確認、ヒヤリハットの報告をして解散しました。

夏を迎えたパウロの森では、オオバギボウシの蕾が膨らみ、オカトラノオが涼しそうに風に揺れ、キビタキやセンダイムシクイ、アオバト、サンコウチョウの鳴き声が聞こえ、ノコギリクワガタが樹液に集まり一年で最もにぎやかな森になっています。また、8月1日の定例作業後に、ブルーベリー摘みが予定されています。パウロの森を訪れたことのない方も、ぜひ一度お越しください。

 参加者(24名): 家、池田、伊藤、稲葉、猪瀬、上林、熊木、小勝〔報告〕、小林(寛)、小林(槇)、清水、瀧浪、内藤、長岡、中垣、中川原、林、原田、福原、前田、槙田〔写真補足〕、望月、森田、山口

  パウロの森くらぶホームページ




女王バチ2匹、働きバチ25匹、ノコギリクワガタも


伐倒作業の指導方法を学ぶ


テーブル架台の脚を補強

草刈り作業中の東尾根見晴らし台

戻る