好評だった15種類の樹木の配布資料

森の自然倶楽部主催
街の樹木ウォッチング入門
2018年6月10(日)・新宿御苑にて

前日まで大雨の予報がされていたため、事前のキャンセルが多くありましたが、それでも33名の参加者に恵まれ、実施ができました。
街中や公園でよくみかける樹木15種に絞って、徹底的に木の特徴(樹形・樹皮・葉・花・実、冬芽)による同定、人との関わりや恵み、生育環境とそこでの生存戦略等の解説をしながら、樹木ウォッチングをしました。
心配した雨も午後までは我慢してくれて、なんとか無事に最後まで実施することができました。
15種類の樹木に関する詳細な配布資料を見ながらの解説は大変好評で、季節を変えての実施希望などをいただきました。

 参加者: 33名
 スタッフ: 杉山(企画・班長)、水野、山本、中澤、岡本(報告)





1種類を1ページで詳細に紹介


班に分かれて最初のごあいさつ


ほらこれがヒマラヤスギの松ぼっくりですよ


球果の見本で種(種鱗)の飛ぶ様子を体験


オニグルミで羽状複葉や赤ちゃんの実を紹介

アカマツとクロマツの違いをさわって体験



戻る